2019年春アニメ新作『キャロル&チューズデイ』第1話「True Colors」視聴感想[ネタバレあり]

火星を舞台に二人の少女の出会いから始まる物語「キャロル&チューズデイ」、圧倒的な作画ディティールに只々画面に見入るばかりの30分でした!・2019年春アニメ新作『キャロル&チューズデイ』第1話「True Colors」視聴感想・作品情報等を書いています。作品を楽しむ為の参考にしていただければ嬉しいです。

2019年春アニメ『キャロル&チューズデイ』視聴しました

2019年春アニメ「キャロル&チューズデイ」を視聴しました。超絶作画で濃い作品を次々と制作している「ボンズ」のオリジナル作品ということで期待はもちろん大。視聴してみての感想をちょっと書いてみたいと思います。

キャロル&チューズデイ PV

「キャロル&チューズデイ」放送情報

フジテレビ 4/10(水) 25:05~
テレビ西日本 4/10(水) 25:55~
東海テレビ 4/13(土) 25:55~
北海道文化放送 4/14(日) 25:15~
関西テレビ 4/16(火) 25:55~
BSフジ 4/17(水) 24:00~

『キャロル&チューズデイ』配信

NETFLIXで独占配信

Part-timer Carole meets rich girl Tuesday, and each realizes…

 

第1話「True Colors」(ストーリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話 あらすじ

ハーシェルの町に住むお嬢様のチューズデイは、家出をしてアルバシティまでやってきた。彼女の夢はミュージシャン。そのアルバシティでバイトを首になったのが施設育ちのキャロル。彼女の夢もまた、ミュージシャンだった。キャロルが路上で歌った歌が、チューズデイの心をとらえ、ふたりは出会う。そして、チューズデイはキャロルの部屋に転がり込み、ふたりは生い立ちを語り合う。ここから“奇跡の7分間”の原動力となったふたりの少女の物語は始まる。(HP引用)

脚本:赤尾でこ 絵コンテ:堀 元宣/渡辺信一郎 演出:堀 元宣 総作画監督:伊藤嘉之 作画監督:堀川耕一/ヤマダシンヤ

アニメ視聴感想(第1話)※ネタばれ注意

事前に見たPVからもその圧倒的なオーラを感じていたのですが、実際に視聴してみるとその凄まじいディティールで作られた物語世界に圧倒されました!。第1話だからということはもちろんありますが、最近のアニメに頻繁に見られる「捨てカット」や尺稼ぎのシーンは全く無く、とにかく「画をみてくれ!」という自信が十二分に伝わってきます。

物語の舞台が未来の「火星」ということでいSF作品なのかな?と思って観ていたけどそれはあまり関係なさそう。未来都市の設定にしたのは画面の「映え」を考えてのものでしょうか。

ディスプレイだらけの街のビジュアルが楽しい!。そのほかにもロボットのバーテンが登場するシーンもあったりして気分は80年代から見た未来「レトロフューチャー」です。80年代と言えば当時活躍したシンガーの「シンディー・ローパー」の名前が出て来て思わずニヤリ。



1話のタイトルもシンディの2枚目のアルバムからです。おっさんというかおじいさんにしか分からないネタに若い人は置いてけぼりとなりそう・・。

お話しの方はのっけから一言でいうとミュージシャンとして二人の少女が成功するまでのサクセスストーリー、といった感じでしょうか。冒頭のナレーションでいきなり「出オチ」のスタートではありましたが「ゴール」やラストがどうこうを楽しむ作品ではないと思うので・・そこは気にしなくてもいいのかな。

「キャロル&チューズデイ」の第1話、とにかく私が最近よく思う「アニメは『作画』だよ、兄貴!!」に、これまたしっかりと合致した作品でした。この作品、普段アニメをほとんど見ない人やアニメから「卒業」した人にぜひみてほしい「質」の高いアニメ、「キャロル&チューズデイ」でした。

※話は外れますが「春アニメ」を見ていて感じることが多いのが、作品ごとの「クオリティの差」が凄まじすぎること。作画崩壊とかではなくクオリティは最初から高くを望んで作っていないというか・・。これってやっぱり「パッケージソフト(ブルーレイ)」が売れないので「製作費」が最初からすごく少なくなっているという事?。

この「キャロル&チューズデイ」もNETFLIX独占配信での世界展開ということで、ソフトを買ってもらうために「深夜アニメを放送」というビジネスモデルからいよいよ離れていくんでしょうかね・・。

「キャロル&チューズデイ」  スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作 – BONES、渡辺信一郎
総監督 – 渡辺信一郎
監督 – 堀元宣
キャラクター原案 – 窪之内英策
キャラクターデザイン – 斎藤恒徳
メインアニメーター – 伊藤嘉之、紺野直幸
世界観デザイン – ロマン・トマ、ブリュネ・スタニスラス
美術監督 – 河野羚
色彩設計 – 垣田由紀子
撮影監督 – 池上真崇
3DCGディレクター – 三宅拓馬
編集 – 坂本久美子
音楽 – Mocky(英語版)
音響効果 – 倉橋静男
音楽制作 – フライングドッグ
アニメーション制作 – ボンズ
CAST
キャロル 声 – 島袋美由利 / 歌 – Nai Br.XX
チューズデイ 声 – 市ノ瀬加那 / 歌 – Celeina Ann
ガス 声 – 大塚明夫
ロディ 声 – 入野自由 / 歌 – Alisa
アンジェラ 声 – 上坂すみれ
タオ 声 – 神谷浩史
アーティガン 声 – 宮野真守
ダリア 声 – 堀内賢雄
ヴァレリー 声 – 宮寺智子
スペンサー 声 – 櫻井孝宏
クリスタル 声 – 坂本真綾
スキップ 声 – 安元洋貴

『キャロル&チューズデイ』twitterまとめ等 (2019.4.10)



キャロル&チューズデイ』商品情報 (2019.4.10)

マキシシングル




 

最新情報をチェックしよう!