q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07YN2YVJT&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=hi

2019年秋アニメ新番組『PSYCHO-PASS サイコパス 3』第1話「ライラプスの召命」感想・作品情報

主人公の慎導灼・炯・ミハイル・イグナトフをはじめ登場キャラクターが大きく入れ替わった新シリーズ、灼が特殊能力を持っていたりと雰囲気はより海外ドラマ風に、そして気になる前主人公「常守朱」は今どこに・・

・2019年秋アニメ新番組『PSYCHO-PASS サイコパス 3』第1話「ライラプスの召命」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しむための一助となれば幸いです。

劇場公開もされた人気作品の第3シーズンが放送スタート!

「正義」は、新たな世界を切り開く。 魂を数値化する巨大監視ネットワーク・シビュラシステムが人々の治安を維持している近未来。
変わりゆく世界で、犯罪に関する数値〈犯罪係数〉を測定する銃〈ドミネーター〉を持つ刑事たちは、犯罪を犯す前の〈潜在犯〉を追う。
2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション作品『PSYCHO-PASS サイコパス』の第三期シリーズとなる本作は、ふたりの新人監視官の物語。
慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフは、厚生省公安局の刑事となり、変わりゆく世界で真実を求めていく。

以前よりとても好きな作品だったので新シーズン制作の発表に思わず歓喜!。前劇場版までは視聴していたのでTVの新シリーズ放送前に新劇場版三部作も全部見ておこうと意気込んでブルーレイを購入したのですが・・。

まだ「CASE1」の途中までしか観ていない(笑)。サイコパスって一通り観ていないと「視聴済」前提でお話しが作ってある一見さんお断りで作ってあるところが多いと思うので大後悔(泣)。

辛うじて観ていた放送直前の特番では前シーズンや劇場版を視聴していなくても「作品を楽しむのには問題なし!」みたいなことを言ってましたが・・そんな訳ないと思う。ぐっすん(涙)。

 

【ストーリー】第1話「ライラプスの召命」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話 あらすじ

2120年、東京。ハイパー・トランスポート社の大型輸送ドローンが事故を起こした。着任したばかりの厚生省公安局刑事課一係の監視官・慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフはこの事故の調査へ向かう。彼らはそこで同社の会計士である旭・リック・フェロウズが行方不明になっていることを確認。捜索のため、灼は追跡対象者になりきる「メンタルトレース」を行いリックの行動を追うが、やがて海に浮かぶ遺体を発見する。状況的に事故死と判断されるも、リックの死に違和感を覚えた灼と炯は捜査を続行。そして、事故は擬装であり、内部告発の口封じのために事故を仕組んだ人物の影にたどり着く。

アニメ視聴感想(第1話)※ネタばれ注意

サイコパスの新シリーズ、今までとまず大きく違うのが主人公が常守朱から新任の監視官・慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフの二人に変わっているところ。そして前主人公の常守監視官はOPなどを見るとどうやら幽閉されている雰囲気なのですが・・やはり新劇場版三部作中に何かが起こった?。

もう一つ変わった(変わってない?)点でいうと、常守朱はどんなことがあってもサイコパス診断で色相が濁らないという特殊な体質の持ち主だったのですが、新主人公の灼は捜査対象者の行動を再現できる「メンタルトレース」の訓練を受けた特殊能力者であるというところ。

サイコメトラーEIJIみたいな感じかと思ったのですが、ドラマ「SP」の主人公・井上薫のような超感覚「プロファイリング」といったものに近いのかな。作品名は忘れたけど海外ドラマでこんなかんじの作品あったような・・。

サイコパスって前作も海外ドラマの雰囲気を感じる所があると思うのですが、新シリーズではその傾向がまた強くなった様な気がします。

とりあえず第1話の感想としては「作画スゲー」(笑)。そして先ほど書いた海外ドラマではないですが展開が全然読めん!。宮野真守さん演じる謎の青年・法斑静火らの三人は一体なにをしようとしているのか?というのはもちろん、執行官の如月真緒が証拠品の名刺をポッケに隠したり。

同じく執行官・雛河翔もそれを見てみぬふりをしている?ようですが・・。

というかサイコパスではお約束の(!)OPでのネタバレ演出を考えると、バディである灼と炯は最後に対立する展開となりそうな予感もします。

第1話を観た感じでは第2シーンの雰囲気に近いのかな?。とにかく事件が起こり物語は動き始めた、というところが今話ではキッチリと描かれていたので次回の更なる展開を待つとしましょう!。

執行官の廿六木天馬と入江一途がマジでワルくて「潜在犯」って感じ(笑)。ドミネーターを向けた相手の犯罪係数をわざと上げようとしたりと今までの執行官とかなりイメージが違います。でも実は「いい人」という展開なのか?それとも・・。

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』twitterまとめ等 (2019.10.23)

 

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』商品情報 (2019.10.23)

ブルーレイ

【Amazon.co.jp限定全巻購入特典】
■描き下ろしA3デスクマット
■特典映像DVD
<初回生産限定特典>
【封入特典】
■シナリオブック
■「PSYCHO-PASS サイコパス 3」徹底解説ガイドブック
<初回・通常共通特典>
【映像特典】
■放送直前特別番組
■PV集
【音声特典】
■オーディオコメンタリー