q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B06Y6H7QPZ&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=hi

2019年秋アニメ新番組『旗揚げ!けものみち』第一話「レスラー×召喚」感想・作品情報

異世界転生+プロレス+ケモナー=モンスターは殺さない異色の主人公!?、でも「ケモ耳娘」多数登場という部分ではしっかり「異世界アニメ」していました(笑)

・2019年秋アニメ新番組『旗揚げ!けものみち』第一話「レスラー×召喚」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

2019年秋アニメ第1弾は時代のトレンドを反映して(?)安心定番の「異世界転生」物語ですか・・

PVを観てすぐに思ったのが「また異世界転生ものかよ・・」最近のアニメはもうこればっかり!(笑)。色々とバリエーションはありますが、1シーズンにこの手の作品がいくつもあるのはどうなの?と思ってしまう・・。でもアニメの企画って短くても放送の1~2年前から始まるので体感として時差があるのは仕方ないのかな・・。

コミックの原作者が「このすば」の暁なつめさんなので、そのヒットを追ってのアニメ化なんでしょうね。その勢いが優先してなのかPVの方もウケ狙いだけでどことなくチープな感じが否めない・・。

未だに「異世界転生もの」のジャンルがアニメ作品のトレンドであるのは理解できるし、個人的に好きな作品もあるのですがこればっかりだとさすがにね・・と、思って本編を観てみたらこれが結構面白い!。これは予想外な「掘り出し物」なのかも!?。

■『旗揚げ!けものみち』PV第2弾

 

 

第1話「レスラー×召喚」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話 あらすじ

プロレスラーのケモナーマスクこと柴田源蔵は、宿敵MAOとのタイトルマッチの最中、突如として異世界に召喚されてしまう。エドガルド王国のアルテナ姫から魔王と邪悪な魔獣の討伐を依頼されるも、それを拒否して王国から追われる身となった源蔵は、逃げ込んだクラスタの街で狼の獣人であるシグレと出会う。(HP引用)

脚本:待田堂子 絵コンテ:三浦和也 演出:福元しんいち 総作画監督:能海知佳

アニメ視聴感想(第1話)※ネタばれ注意

異世界に召喚された勇者は男の中の漢、プロレスラーのケモナーマスクこと柴田源蔵 。そういえばこの手の物語の召喚されるのは主人公は、読者が自己投影しやすくするためなのか「ひ弱な少年」(!)が多いのですがよく考えたらそれっておかしくないですかね?。格闘技の達人とか歴戦の軍人とか殺し屋とかヤクザとか・・が召喚される作品ってまず聞いたことがない。

でもそれだと「ガンツ」みたいでお話しの収拾がつかないか・・(笑)。

劇中ある意味でリアルだったのが街の人々の源蔵に対する反応。ほぼ全裸なので当然「変態」扱いしていました(笑)。そして源蔵の方はというと見知らぬ異世界に困惑する様子は微塵もなく、ここがパラダイス!とばかりにケモナーとしての我が道を突き進んでいきます。この主人公と異世界の人達との「すれ違い」のギャップが実に楽しいのです。

単に奇をてらった主人公というだけではなく、トントン拍子に事が進んでいく他の異世界転生の主人公と一線を画していてそれが面白くなるようによく考えられています。

そして何より好感が持てたのは作画がよい!。パソコンではなく大きい画面のテレビで観るとPVとは作画の印象がかなり違っていてヒロインのケモ耳娘・シグレやミーシャ、そしてアクションシーン等も丁寧に作画されています。それから源蔵にジャーマンを決められ「パンツ丸見え」になる姫のシーンとかね(笑)。

それと源蔵ではないですが、「ケモ耳」好きな私としては放送が終わって久しい「盾の勇者」のヒロイン・ラフタリアの代わりとして「癒しの時間」となってくれると・・、と期待しています。

ギャグのテンポもよく、話が進んで終わってみたら普通に続きが観たくなる面白さ!。「モンスター殺さず」のケモナー主人公・源蔵の性癖が世界を救う事にやがてなっていくのかどうか・・次週の展開が楽しみです。

基本的にこの作品は異世界転生の要素が少ないケモナーネタの「ギャグアニメ」ということで面白いかどうかの意見が分かれるかも。

雌雄関係なくケモノを愛するという源蔵ですがそのシーンはまるでムツゴロウ先生(笑)。嬉しがる源蔵とそれを嫌がっている(!?)ケモノたちの姿を可笑しいと感じられるか・・ちょっと世間の意見が気になります(笑)。

 

『旗揚げ!けものみち』掲載誌・商品紹介 (2019.10.2)

 

■『旗揚げ!けものみち』関連商品

原作コミック
ブルーレイ
OP・ED主題歌

放送・配信情報

放送局

AT-X 毎週水曜日 22:00~
《リピート放送》
毎週(金)14:00/毎週(日)25:30/毎週(火)6:00
※週1話ずつ4回放送。
TOKYO MX 毎週水曜日 25:05~
テレビ愛知 毎週水曜日 26:35~
KBS京都 毎週水曜日 25:05~
サンテレビ 毎週水曜日 25:30~
BS11 毎週水曜日 25:30~
AbemaTV 毎週水曜日 23:30~

 

配信

フジテレビオンデマンド・U-NEXT・Amazon等で配信

 スタッフ・CAST

STAFF

原作:暁なつめ
漫画:まったくモー助・夢唄
監督:三浦和也
シリーズ構成:待田堂子
キャラクターデザイン:能海知佳
アニメーション制作:ENGI
製作:けものみち製作委員会

CAST

柴田源蔵 – ケモナーマスク:小西克幸
シグレ:関根明良
花子:八木侑紀
カーミラ:櫻庭有紗
MAO – マカデミアンオーガ:稲田 徹
ひろゆき:末柄里恵
ミーシャ:集貝はな
ヴォルフガング:松田健一郎
エドガー:武虎