ヴァイオレット・エヴァーガーデン【感想】第九話「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第九話「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」【視聴感想】

 

前回のヴァイオレット・エヴァーガーデン

 前回の感想はこちら 

HIGH!!アニメCLUB

目次 1 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第八話【視聴感想】1.1 前回のヴァイオレット・エヴァーガー […]…

 

 

 

感想 [ネタばれしています]

「少佐」の死を知り生きる目的を失ってしまった事と、何より自分がしてきたことの罪にヴァイオレットは苦しみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「手紙」で自分がしてきたことの罪から救われる。いい終わり方でした。正直に言って文章に書き起こすことが思い浮かばない・・・。こんな文の書き方では読んでいる人には「?」さっぱり、で全然だめなのはわかっていますが、「感動しました」です。うまく書けない、代筆してもらいたいな・・・。

死んだギルベルト少佐ではなくて、ヴァイオレットを必要としている人達から「命令」ではない生きる「意味」をもらう、という流れがよかったです。

 

愛してるを知った瞬間

今話ラスト近くでヴァイオレットは花屋の前で自分の名づけの元となった花を見つけ立ち止まります。少佐の事を思いだしますが「その名にふさわしい・・・」ギルベルトが以前言った言葉をつぶやき、彼女は立ち上がって再び力強い足取りで歩き始めます。ギルベルトとの本当の「別れ」のシーンがすごくよく描かれていました(泣いた)。

まだこの作品をまだみていない方はぜひ観ていただきたいです。細やかな演出などは作品そのものを観ないとわかりません。悔しいですが、私が書いた文章を読んでも「観た気分になった」だけですよ!しつこいですがぜひ御視聴を。

 

ギルベルトの愛とは

親友のホッジンズに「もし自分が死んだらヴァイオレットのことを頼む」というシーンがあったのですが、戦争で死ぬことがなくてもギルベルトはヴァイオレットと「ずっと」別々に生きることを決めていたのではないでしょうか?。

なぜ「エヴァーガーデン家」にヴァイオレットを養子に出そうと思ったのか、最初は疑問に思ったのですがそれは彼の「命令」がなければ生きていけないというヴァイオレットへのギルベルトの「愛」のような気がします。

先に「その名にふさわしい」というシーンの事を書きましたが、あの時ヴァイオレットはギルベルトの「愛している」の意味を初めて理解して一人の人間として歩き出したのではないでしょうか。

「愛とは相手に自分を合わせるのではなく、相手を自分の為に変えるのではなく、相手をより高い場所へ導くこと」何かの本で読んだ気がします。それを思い出して恥ずかしいですが、また泣いてしまいました。

 

 

 

 

 

あっという間に今話が終わってしまったんですが、観終わって「あれ?」。なんか最終回みたいだったような・・・。気になってホームページなどを確認したんですがそんな記載はないようなんですが、残りの回はヴァイオレットがもう一つ大きく成長して「人をつなぐ」物語が描かれるのかな。綺麗に今回終わったので次回以降の展開がとても気になります。

 

 

ブルーレイが欲しい

※ブルーレイ予約しようかなー。買い始めると抑えがきかなくなって、いろんな作品をどんどん買ってしまうので今までセーブしていたんですがちょっと物欲が抑えられないかも、です。

でもブルーレイは画質から言って相当違うと思うんです・・・配信やテレビ放送とは。自分としては何回見ても楽しめる作品だと思うので「こ、今回だけ」、という気持ちが強くなっています。配信やテレビはブルーレイ購入の為の品定めの手段でもあるので、と言い訳を自分にしたりしています。物欲と戦い何言っているのか分からない「混乱中」、です。

※追記

買う方向で色々と調整したいと思います。「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」お話がいいんですが、それより画のすばらしさを忘れてしまいがち、なのは京都アニメーション作品だからかな?。作画の綺麗さは投稿の中であまりふれていないですね・・・反省しています。

 


 

 

 ヴァイオレット・エヴァーガーデン「つぶやきまとめ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NETFLIXで全世界配信

NETFLIXで放送全話配信中です。まだ観ていない方は食わず嫌いせずぜひ視聴を!。普段アニメを観ない人にこそ「おすすめしたい」作品です。

 

 

 

 

 

  NETFLIX入会はこちらから