刻刻【アニメ感想】㐧拾刻

2018年5月23日

 

 

 

刻刻 㐧拾刻【視聴感想】

BS11  日曜 24:30 (月曜 0:30)

配信 amazon prime 

 

 

前回の刻刻

 前回の感想はこちら 

 

 

※ネタバレしています

 

 

感想

前半、佑河家の貴文が主役?のパート、後半は佐河の過去が語られた回でした。貴文に見せ場は最後までないのかな?(ガンバレ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[adchord]
あまり書きたくないのですが、後半の作画が結構厳しかった。もちろん「作画崩壊」とかそんなレベルまでではないのですが。

ここまで画がよかったのでその差も目立って残念。止め絵での演出も多かったのでスケジュールが厳しくなっているのかも・・・。

クオリティを高く求めて作っていると、どこかにしわ寄せが来ちゃうものなんでしょうか。でも某業界アニメの「クオリティを人質にするな!」(納品を遅らせるな、の意味)のセリフを思い出したりして、現実は厳しいのですね。クオリティに納得ができないからといって製作が遅れて放送できない事があれば、それはそれで困ったことになる。ブルーレイが発売されるので、作画の修正を期待したいところです。

話はもどりますが、佐河は樹里達にある提案を持ち掛けます。それは追い詰められている佐河の罠なのか・・・。次週が気になります。

 

 

 

つぶやきのまとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーレイボックスの発売が決定しました!。

 

 

 

「刻刻」は amazon prime でも配信中です。今まで見逃した方はぜひ。

※プライム会員は見放題無料です!

 

 

 「アマゾンプライム」入会はこちらから