gifbanner?sid=3363262&

シュタインズ・ゲート ゼロ 第十五話 「漸近線のリコグナイズ」【視聴感想】[ネタばれあり]

娘の鈴羽のために勇気を出し由季に告白をするダル、カッコ悪いけど・・最高すぎます!。そして橋田ファミリーの未来のため、ダルは強いある決意を?

・TVアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』第15話「漸近線のリコグナイズ」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想【15話】

Hi.アニ!

娘の鈴羽のために勇気を出し由季に告白をするダル、カッコ悪いけど・・最高すぎます!。そして橋田ファミリーの […]…

新オープニングにはいくつもの「答え」が隠されている?

新オープニングですがいくつもの「結末」に結びつきそうな答えが隠されているようでいろんな事を想像するだけで勝手に一人「盛り上がって」しまいます。前回の投稿でも書いたのですがなぜまゆりがタイムマシンに乗っている?!。そして一緒に乗っているのは誰?と書きましたが、当たり前に考えれば「鈴羽」ですね。タイムマシンが操縦できるのは鈴羽だけですから(笑)。

でもなぜ岡部ではない?という謎が残りますが、「なぜ」はお楽しみとしてとっておきます!。

そして岡部の心境の変化、13話までのオープニングと新オープニングの同じカットを比べるとまるで別人のよう。迷いや戸惑いを見せていた表情から強い決意を秘めた表情に大きく変化しています。

 

旧オープニング(1話  – 13話) 

新オープニング 

その決意の理由になったのかどうかまでは分かりませんが一瞬だけ映る、おそらくまゆりが書いた七夕の短冊の願いにあるのかも。まゆりの願い事は「ひこぼしさまにあえますように」。

こんなのズルイでしょう・・これだけで泣いてしまいます。前作シュタインズゲートは岡部倫太郎が「孤独な観測者」の物語だったと思うのですが「ゼロ」はそれぞれの登場人物が積極的に物語に介入してくるように思います(前回14話を見て)。特にまゆりの行動が物語の行方を大きく左右するのではないでしょうか。

そして橋田至ことダルも。前作と違い鈴羽と「父娘」として長い時間を過ごしているので、彼も鈴羽の未来の事を考え前作とはその考え方や行動が大きく違ってくる気がします。

この厳しい眼差し、もう「この変態!」と紅莉栖 には言わせません!!(真帆には言われるのかな)。

前作の登場人物ではないですが真帆が紅莉栖に変わりタイムリープマシンを完成させる流れで再登場となるのですが・・岡部はそれを許すのか?。タイムリープマシンを使用するにはSERNのサーバーにハッキングしなければなりません。

それはロシアとアメリカの対立に、更にSERNを呼び込む三つどもえの「タイムマシン争奪戦」となるのでは?。今は協力関係にあるラウンダーの天王寺と萌郁とも再び対立することになる?。物語は大きく動きはじめましたがますます「予測不能」な状況へと進んでいきこれからは目が離せないことに!?。

第15話「漸近線のリコグナイズ」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第15話 あらすじ

タイムリープマシン開発を目的に再来日を果たした真帆。
一方、多忙を理由に、由季と連絡を取り合っていないダルを見て、ふたりの将来に不安になった鈴羽。いくら焚きつけても、言い訳をして行動しないダルに痺れを切らした彼女は、由季への告白を最終目標としたデートミッションを発動させる。
友人たちの力を借りて「デキる男になる方法」をレクチャーされるダルだが、いまひとつ効果はない。しかし、真帆が実験的に作った自己暗示システムにより、まるで別人のようになったダルは、皆が見守る中、演出されたおしゃれなデートコースで、スマートに由季をエスコート。すべては上手くいくように思えたが、いつもと違うダルの様子に戸惑った由季は、肝心なところで慌てて帰ってしまう。
意気消沈するダルを目の当たりにして、鈴羽は深く反省する。本当は、両親が仲良くしている姿を見て、これから自分が目指そうとしている道は間違っていないという確信が欲しかったのだと。鈴羽の独白を聞いて思いを新たにしたダルは、その場で由季に電話をして明日もう一度デートする約束を取り付ける。

飾らない普段の自分で臨んだデートはつつがなく進み、やがてクライマックス。「僕はキミに一生、萌え萌え☆キュン!だお!!!!」という、告白ともつかない言葉にも、嬉しそうな由季を見て、ふたりの未来を確信する鈴羽。
ダルの計らいで、由季とふたりで撮った写真を大切な宝物として、鈴羽は過去へと飛ぶ決意を定める。(HP引用)

第15話 感想

ダルが最高にカッコよかった、そして普通に泣きました・・。予想していなかった内容でしたがすごく良かった、未来を救うという強い決意に繋がった回だったと思います。

ダルのプロポーズがうまくいかなくて、「失敗した・・」ぽつりとつぶやくんですが、やっぱり鈴羽と親子なんだなって。前作の「鈴羽の手紙」を思い出してそういう場面ではないのですがちょっと笑って、そして泣きました。

やる時はやる男「ダル」、未来を変える決意は固まったのですが岡部をどうやって説得する?(対立は必至)、一歩前進したように見えてやはり問題は山積み。来週は一体どうなるのか楽しみです。

『シュタインズゲートゼロ』 商品情報

ブルーレイ

OP/ED主題歌

原作ゲーム

『シュタインズ・ゲート ゼロ』配信情報

NETFLIX・dアニメストア・U-NEXT等で配信

 

シュタインズ・ゲート ゼロ 【スタッフ・キャスト】

STAFF

原作:志倉千代丸/MAGES.
監督:川村賢一
シリーズ構成:花田十輝
シナリオ監修:林直孝、松原達也、西村卓也、安本了
キャラクタ:原案 – huke
未来ガジェット原案:SH@RP
キャラクターデザイン:稲吉智重
プロップデザイン:稲吉朝子
美術設定:コレサワシゲユキ、灯夢、小高みちる
美術監督:小髙猛
色彩設計:佐藤美由紀
特効監修:谷口久美子
撮影監督:塩川智幸
3Dディレクター:ヨシダミキ
モデリング:相馬洋
編集:須藤瞳
音響監督:山口貴之
音楽:阿保剛、信澤宣明、日向萌
音楽プロデューサー:金谷雄文
音楽制作:MAGES.
プロデューサー:千葉誠、松永孝之、金庭こず恵、下里悟、尾形光広、鈴木脩一、金鮮伊
アニメーションプロデューサー:吉川綱樹
アニメーション制作:WHITE FOX
製作:未来ガジェット研究所

CAST声優

岡部倫太郎:宮野真守
椎名まゆり: 花澤香菜
橋田至 :関智一
牧瀬紅莉栖:今井麻美
桐生萌郁:後藤沙緒里
漆原るか:小林ゆう
フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ
阿万音鈴羽 :田村ゆかり
比屋定真帆:矢作紗友里
椎名かがり:潘めぐみ
阿万音由季:田村ゆかり
天王寺綯:山本彩乃
中瀬克美:本多真梨子
来嶋かえで:木野日菜
アレクシス・レスキネン:上田燿司
ジュディ・レイエス:にしむら まや