ハッピーシュガーライフ 第二話「しおの箱庭」視聴感想[ネタバレあり]

2018年10月22日

TVアニメ ハッピーシュガーライフ  第二話感想

 

 

前回の「ハッピーシュガーライフ」

 

2018年最高の「超純愛ストーリー」

 

 

「愛とはきっと心の底から湧き上がってくるもの」主人公の女子高生さとうは幼い少女「しお」を抱きしめそう思います。そう、なんの打算も見返りもない美しい純粋な「愛」です。

素晴らしい!、「恋愛リアリティ番組」を見て喜んでいる馬鹿どもにぜひ見せてやりたい!!(オイオイ・・)。

そして「好きなら『何をしても』いいでしょ」愛の前にはどんな事も障害ではないのです。

 

 

「こんなの頭おかしい、イカレてる!!」そんなことを言うあなたは愛を知らない寂しい人だからじゃないのですか?・・。

※犯罪行為を肯定している感想ではありません

 

第一話の感想は「必ず愛が勝つ」ただ精神を病んだ主人公のサイコホラーと思っていたのですが予想以上に純愛ものでした。これからも「さとうとしお」二人の愛の前にいろんな障害が立ち塞がるのでしょうけど最後は愛が勝つ、というストーリーで展開するのかな?

 

ただ「純粋」故に不幸な結末が待っている・・そんな悲しい最後になりそうですね。

前回の感想で「愛を知る」物語ということで「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の事を書きましたが、ヴァイオレットが愛によって闇から光の元へと進んでいく物語に対して、さとうは愛を知ってしまった為に暗闇へと落ちていく感じになるのでしょうか。

 

 

どちらも「愛してる」の物語。変な人と思われるのでしょうが私としては「どちらもすごくわかるわ~」なんですよね。「ハッピーシュガーライフ」1話だけ見ても「愛とは」が良くまとまっていると思うので皆さんに是非見ていただきたい!(苦情は受け付けていません)。

 

※ハッピーシュガーライフ1話の冒頭のシーン、ヴァイオレットが劇中で言う「・・?、燃えていません」のセリフをなぜか思いだします。

 

【おまけ】さとう役の花澤香菜さんがスゴイ

前回の投稿でも書いたんですがさとう役の花澤さんはすごいですね。声優さんだから当たり前かもしれませんが出演中のどの作品も声は同じなのにそれぞれの役をしっかりと演じ別けています(金曜日のさとう、土曜日の赤血球の落差が!)。

今期の出演作、いろんな役ですがちゃんと「全部違う」。演じるときに声色を変えてくるのが普通だと思う(そっちが簡単)のですがこれはスゴイ事だと思うんです(素人全開の感想、スイマセン)。

 

 

シュタインズゲートの「まゆり」も、さとうと同じ女子高校生ですが片や「天使」、片や「ピー」・・ですね(笑)。個人的には心のどこかに暗闇が隠れているキャラクターが花澤さんには「はまり役」だと思います。

 

でも、まあ・・とりあえずどんな役でも出来るのかな?、配役に困ったときは花澤さんに頼めば何とかなりそうです(笑)。

 

 

ハッピーシュガーライフ プロモーション動画

 

ハッピーシュガーライフ 放送情報

MBS 7月13日より毎週(金)深夜25:55~ TBS 7月13日より毎週(金)深夜25:55~
BS-TBS 7月14日より毎週(土)深夜24:00~ 
AT-X 7月18日より毎週(水)深夜24:00~ *リピート放送:毎週(金)16:00~/毎週(火)8:00~

AT-X(スカパー!)の申し込みはこちらから

 

 

 配信はamazon primeにて独占配信! 


 fire TVがあればテレビでも視聴できます!

 

 

ハッピーシュガーライフとは

『ハッピーシュガーライフ』は、鍵空とみやきによる日本の漫画作品。『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)にて、2015年6月号から連載中。女子高生・松坂さとうと少女・神戸しおの生活と絆、そしてその周囲を取り巻く環境を描くが、いわゆる「ヤンデレ少女」を描く作品でもある

 

原作コミックはこちら

 

 

第2話「しおの箱庭」視聴感想[ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二話「しおの箱庭」あらすじ

血のにじんだゴミ袋を手にするさとう。それを川に捨てようとした時、誰かの気配を感じる。翌日の学校では、学年主任の北埋川がさとうを心配して声をかけてきた。一方、街ではビラを配ってしおを捜索するあさひの姿があった。(HP引用)

脚本:待田堂子  絵コンテ:小山菜穂 演出:ウエノ史博

愛のバトルロワイヤル開幕!

 

 

 

さとうとしおを巡って三角関係ならぬ「五角関係」、四つどもえの殺し合いの戦いが開幕!、予想していなかった展開でこれはとても楽しみ。普通の恋愛ドラマと違って「本当の愛」(と本人達は思ってるはず)をかけてデスマッチが繰り広げられるようです。

ただし今のところはさとうによる「全員皆殺し」の結末しか見えませんが・・。

しおを探すビラを配っている少年(?)はしおの兄妹なのかな。しおはさとうから外に出ないように言われているようです。そして本当の肉親の事を思い出せないようにしている?・・(洗脳?)。

強い、強すぎますその愛。そして少年はいきなりさとうにやられてしまうのか?。

この少年以外はさとうと同様、「心のそこから湧き上がってくる感情」によって愛を感じているのかな。普通に見れば全員ただのヤバイ「異常者」ですが広義の人を愛するという事では間違ってはいない!!(「・・・」)。

先生も最初は肉体の快楽を求めるだけだったのに、さとうのせいで「本当の愛」に目覚めてしまいました。

 

愛を知った男の「強い信念の眼」、もう奥さんと子供を平気で捨てそう。愛って怖い!。

※この感想は犯罪行為の肯定や誤った倫理観を推し進めるものではありません(ホントだよ!)

 

 

 

 

 

この作品、絵柄で男性向け萌えアニメ(ブヒッ)と思ってらっしゃる方も多いと思いますがほぼ女性向けかな。主人公のさとうは元ビッチなので男性のファンは絶対いなさそう。それとホラーというジャンルになっていますがそんな簡単に分けられないような気も。

先にも書きましたが「どうせ萌えアニメなんでしょ」と敬遠せずぜひ一度その眼で確かめていただきたい。

 

 

「ハッピーシュガーライフ 」  テレビアニメスタッフ

原作 – 鍵空とみやき
総監督 – 草川啓造 監督 – 長山延好
シリーズ構成 – 待田堂子
キャラクターデザイン – 安田祥子 プロップデザイン – 佐藤玲子
美術監督 – 谷地清隆 色彩設計 – 松原陽子
撮影監督 – 伊藤康行 編集 – 岡祐司
音響監督 – 立石弥生
音楽制作 – 踊賢二郎 音楽 – 亀山耕一郎
プロデューサー – 小松翔太、榮龍太朗、亀井博司、安部幸枝
アニメーションプロデューサー – 江里口武志
アニメーション制作 – Ezo’la
製作 – ハッピーシュガーライフ製作委員会(スクウェア・エニックス、VAP、MBS、ビットプロモーション、GENCO)
主題歌
オープニングテーマ「ワンルームシュガーライフ」
作詞 – ナユタセイジ、ナナヲアカリ / 作曲・編曲 – ナユタセイジ / 歌 – ナナヲアカリ
エンディングテーマ「SWEET HURT」
作詞・作曲 – ハヤシケイ / 編曲 – PRIMAGIC / 歌 – ReoNa

 

CAST声優

松坂 さとう(まつざか さとう)声 – 花澤香菜
神戸 しお(こうべ しお)声 – 久野美咲
神戸 あさひ(こうべ あさひ)声 – 花守ゆみり
飛騨 しょうこ(ひだ しょうこ)声 – 洲崎綾
三星 太陽(みつぼし たいよう)声 – 花江夏樹
北埋川 大地(きたうめかわ だいち)声 – 石川界人
さとうの叔母 声 – 井上喜久子

 

 

ブルーレイ予約受付開始



 

 

OP・EDシングル予約受付中