『バキ』第二十二話「超雄対決!」視聴感想 [ネタバレあり]

2018年12月3日

TVアニメ『バキ』第二十二話【視聴感想】

 

「バキ」NETFLIX視聴感想

 

【前回のバキ】刃牙、柳・シコルスキーを軽く撃破!ドイルは死亡?

柳とシコルスキー、二人がかりの攻撃を軽くいなしたたき伏せる刃牙。余裕の差で二人にとどめを刺すのかと思いきや梢江とその場から逃走!。そして清々しいまでの敗北を味わったドイルは逃亡する為に乗った船上で柳の急襲に合い夜の海へと転落します。前回は予想もしなかった結末の数々が描かれましたが極めつけは突然のジャック・ハンマーの参戦。

 

かつての地下格闘技場戦士であるのでこの闘いに参加する権利はあるのですが、展開がちょっと雑に感じるところも(笑)。けっこうここまでお話を引っ張ってきた割には急に締めようとする印象が拭えません。まあそんな「えっ!」と感じさせる展開もバキの魅力ではあるのですけど。

 

 

 

 

「バキ」放送局情報 

NETFLIX  日曜深夜先行配信
TOKYO MX1 毎週日曜 深夜0:30 サンテレビ 毎週日曜 深夜1:00 TVQ九州放送 毎週月曜 深夜3:00 

テレビ愛知 毎週火曜 深夜2:05 KBS京都 毎週火曜 深夜0:30 北海道テレビ 毎週土曜 深夜2:35

 

バキ 第22話「超雄対決!」感想  [ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第22話「超雄対決!」あらすじ

ロシアの英雄であるアレキサンダー・ガーレンや、日本のプロレス界のレジェンドである猪狩完至を血祭りにあげた男、シコルスキー。そんな彼の前に現れたのは刃牙の異母兄弟であるジャックハンマー。夜の公園を舞台に異次元の闘いが繰り広げられる。(HP引用)

脚本:浦畑達彦 絵コンテ:齊藤啓也 演出:小野田雄亮

 

 

「もうすでに始まっている!」地下闘技場でシコルスキーとジャックの決戦開始!!

 

夜の公園での闘いでジャック・ハンマーにノックアウトされたシコルスキー。かつてシコルスキーに煮え湯を飲まされた猪狩の協力を得て、ジャックがシコルスキーを運んできたのはあの地下格闘技場。ここがシコルスキーが敗北を知る場所となるのか・・。個人的には「?」とちょっと感じる展開、しかもシコルスキーはやられ放題。そしてついにはかつて刃牙と対戦したガイアも参戦!もうシコルスキーがボコボコに負ける展開しか見えません・・。死刑囚編は汚い闘いを仕掛ける相手をどう出し抜いて倒すのか?が面白いところだったのに逆をやっちゃうとね。

 

今回ビックリしたのは猪狩が生きていたこと。

以前シコルスキーに一方的にやられ、血がビューっと吹き出し絶対「死んだ」と思っていたので今回の再登場に「生きとったんかいワレー!?」でありましたが・・まあバキですからね(笑)。それにしても「店じまい」の雰囲気が強くなってきている今回の展開、果たしてお話の方は綺麗に終わるのでしょうか・・。

 

 

※お話の展開はともかくとして作画はこの所いい調子。このまま最後まで頑張って欲しいですね。

 

 

バキ 制作スタッフ

原作 板垣恵介(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
監督 平野俊貴
シリーズ構成 浦畑達彦
キャラクターデザイン 鈴木藤雄
色彩設計 宮脇裕美
美術監督 河野次郎 大石ノリコ
撮影監督 野口龍生
編集 佐野由里子
音楽 藤澤健至(Team-MAX)
音響監督 浦上靖之 浦上慶子
アニメーション制作 トムス・エンタテインメント
製作 バキ製作委員会

キャスト声優

範馬刃牙 島﨑信長
範馬勇次郎 大塚明夫
愚地独歩 菅生隆之
渋川剛気 島田敏
烈海王 小山力也
花山薫 江口拓也
ドリアン 銀河万丈
ドイル 子安武人
シコルスキー 津田健次郎
スペック 茶風林
柳龍光 二又一成
徳川光成 麦人
愚地克巳 川原慶久
松本梢江 雨宮天
猪狩完至 梁田清之
柴千春 鈴木達央
園田盛男 石井康嗣
片平恒夫 天野ひろゆき
加藤清澄 勝杏里
末堂厚 乃村健次
ビスケット・オリバ 大塚芳忠
ジャック・ハンマー 三宅健太
鎬昂昇 山崎たくみ
鎬紅葉 成田剣
ゲリー・ストライダ厶 坂口芳貞
ナレーション 古谷徹

 

 

『バキ』 ブルーレイBOX発売!

Vol.1は2018年11月16日発売です

 

原作コミックはこちら

 

 

 

バキ「後期」オープニング・エンディング