バキ 第十五話「超筋力」視聴感想 [ネタバレあり]

2018年10月22日

TVアニメ バキ 第十五話「超筋力」【視聴感想】

 

 

前回の「バキ」

 

 

ミスター・アンチェイン「オリバ」、まずはシコルスキーを撃破ッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『敗北を知りたいッ!!』毎週日曜のお楽しみアニメ「バキ!」。先週は梢江を助けに駆けつけたホテルの部屋にはなぜか勇次郎が!。そしてシコルスキーはホテルの高層階から落とされ、よじ登ってきて再度また飛び降りる?、とういう彼ならではの能力を披露(笑)。

これってもう「空を飛べる能力を持つ」とかにした方がまだ無理がないような・・。演出の仕方にもよるのでしょうが前回一番ツッコミを入れたシーンでした。

最後オリバがシコルスキーを軽々と撃破して前回は終わったのですが、今までの死刑囚たちとの対戦と違い絶対的な力の差でただ勝った感じ。汚い手を使ってくる囚人たちを更にどう出し抜くか?が面白い部分だと思うのに・・。

オリバのキャラクターはとても魅力的で引き込まれるものがあるのですが、彼が強すぎてお話しを展開させる要素として弱いようにおもうんですよね。残りの囚人達もちょっとだけ抵抗した後に狩られる展開しか見えない・・。

地下格闘技戦士たちが弱いから展開にメリハリをつけるためなのかな?。刃牙対シコルスキーの対戦もせっかく勝った?のに何だか霞んでしまった・・刃牙カワイそ。

 

ところで勇次郎、要所要所に登場はするのですがこの「死刑囚編」のバトルに参加してくるのかな?。この人も本筋に絡んでくると囚人バトルの展開が面白くなくなりそう。それより「お笑い」をガンガンとってくる役目に徹してほしいですね(笑)。

 

「死刑囚編」前半振り返りダイジェスト公開中

シリーズも折り返しを迎え後半戦に突入ッ!のバキですが、前半のシーンをお笑い芸人の「ケンドーコバヤシ」さんのナレーションで振り返る「ダイジェスト動画」が公開中です。話題作りで起用されたのかな?、と思われる方もいるかもしれませんが、この方「声のお仕事」が結構上手いんです。

 

以前、劇場アニメ「GANTZ:O」で大阪チームの主要キャラ「岡八郎」の声をあてていて、すごくいいな!と驚いた事があります。話がそれますが同じく大阪チームの「島木」役のレイザーラモンHGさんもそのキャラクターにはまっていてすごく良かった。ぜひ一度見ていただきたい作品です。

 

『バキ』肉宴を回顧(ふりかえ)るダイジェスト動画 其の壱

 

 

「バキ」放送局情報 

NETFLIX  日曜深夜先行配信
TOKYO MX1 毎週日曜 深夜0:30 サンテレビ 毎週日曜 深夜1:00 TVQ九州放送 毎週月曜 深夜3:00 

テレビ愛知 毎週火曜 深夜2:05 KBS京都 毎週火曜 深夜0:30 北海道テレビ 毎週土曜 深夜2:35

 

 

 

 

バキ 第15話「超筋力」感想  [ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第15話「超筋力」あらすじ

死刑囚が相手でも圧倒的な強さを誇るビスケット・オリバ。しかし強さの底はまだまだ見せていなかった。そんなオリバが警視庁の柔道場に逮捕術の指導に来ていた渋川剛気と稽古をすることに。(HP引用)

脚本:山田健一 絵コンテ:中村謙一郎 演出:黒田幸生

 

 

 

【オリバ対ドイル】「第一ラウンド」、圧倒的なオリバの筋肉にドイル全く歯が立たず!

 

 

久々に登場の死刑囚「ドイル」、警視庁に乗り込みオリバを襲撃します。しかしドイルが用意してきた卑怯な手はオリバの規格外の肉体に全く歯が立ちません・・。それよりドイル、婦人警官に女装して警視庁に潜入したのですが、そのあきらかに怪しい姿に「そんな女がおるかァッ!」と、誰にもばれていないことをツッコまずにはいられませんでした(笑)。

しかも下着のパンティまで着用していて、「ただ女装の癖やないかい!」と再度のツッコみ。そしてとどめは列車の車体にへばりついて「スタイリッシュ」電車移動(笑)。終始笑いに包まれたドイル再登場の回でありました。

 

 

 

どれも本人は「カッコイイ」と思ってやっていそう(笑)。今回は完全にやられる前に逃走したドイルでしたが、次回は一体誰と対戦するのか?が楽しみです。

※この感想はNETFLIX配信の感想を書いています。地上波と内容が違っていた場合はゴメンなさい

 

 

【おまけ】後期新エンディングがとってもシュールで「バイオレンス」です・・

 

 

 

前回から新しいOP・EDが登場したのですが、エンディングが何とも「意味不明」なノリになっているのです。新しいエンディング、前回まではCGアート風の音楽にも合っている「普通」のものでした。

が、今週から前週の映像に、今まで作品で登場した「サブキャラクターの止め絵」が追加され、それがスライド風に画面を流れるというものに変更されたのです。

観ていただくとわかるのですが何というか・・シュールであると同時に物凄い「暴力」を感じるのです(笑)。圧倒的な「暴」、無理やりにアニメ本編でほとんど登場していないキャラを、しかも主要な登場キャラではなく「誰?」というキャラクターをたくさん!。

背景映像にも音楽にもマッチしていないこの変更、もちろん良くなるわけでもなく「変な汗」を流しつつエンディングを見終えたのですが・・一体どうしたというんだ!?。これ、毎週見ないといけないと思うとちょっと苦痛かも。

 

なんでこうなった・・何かの事情があるようには思えないし・・。この映像、精神的に「怖い」。心がやられていくような気がする「新エンディング」なのでした。

 

 

『バキ』 ブルーレイBOX発売!

 

 

Amazon.co.jp限定特典は L版ビジュアルシート 8枚セット付き

Vol.1は2018年11月16日発売です

 商品詳細 

<特典>
全てブルーレイディスクのみの音声特典
【Disc-3】
●ノンクレジット オープニング
●ノンクレジット エンディング
●TVアニメ『バキ』本PV
●地下闘技場戦士紹介PV
●最凶死刑囚紹介PV
●ティザーPV
●「放送記念・MX4D バッキバキ体感上映会」ダイジェスト映像
●キャスト陣によるオーディオコメンタリー

<ポイント>
●原作はシリーズ累計発行部数7,500万部!! 25年以上連載が続いている大人気バトル漫画!!
●他のアニメ作品とは一線を画す、ド迫力な肉弾格闘バトル!! 己の肉体一つで戦う姿に、アドレナリンMAX!!
●ファン歓喜! 原作を忠実に再現し、命を吹き込まれた魅力的なキャラクターたち!
●島﨑信長や江口拓也を始めとした注目の若手俳優から、大塚明夫など実力派が集結した豪華声優陣!!
●本編は“放送コードぶっちぎり版”を収録! さらに原作:板垣恵介の描き下ろしBOXなど、豪華初回限定特典!!

<収録エピソード>
【Disc-1】
■第1話「シンクロニシティ」
■第2話「黒格闘技」
■第3話「来た!来た!!来た!!!」
■第4話「死闘開始!!」
■第5話「まだやるかい」
【Disc-2】
■第6話「片平巡査の報告書」
■第7話「最強タッグ」
■第8話「試合と本番」
■第9話「神心会激震!!」
【Disc-3】
■第10話「空中決戦」
■第11話 未定
■第12話 未定
■第13話 未定

 

バキ「後期」OP・ED