アンゴルモア元寇合戦記 第9話「山城の攻防」視聴感想[ネタバレあり]

2018年10月22日

TVアニメ アンゴルモア元寇合戦記  第九話感想

 

 

前回の「アンゴルモア元寇合戦記」

 

 

刀伊祓の拠点「金田城(かなたのき)」にモンゴルの大軍迫る!

 

 

 

白石がモンゴルに寝返り金田城の存在を知ったウリヤンエデイは大軍を刀伊祓の拠点「金田城(かなたのき)」に進めます。前回の投稿で書いたのですがこの金田城、実在する(した)隣国からの侵略を防ぐため大和朝廷が築いた国防の拠点です。

ではその国防の任にあたる「刀伊祓」はというと、こちらはさすがにフィクションのようです(たぶん)。

 

飛鳥時代、唐・新羅連合軍との戦いによって高まった大陸からの圧力に備えるため、大和朝廷により対馬に送り込まれた防人(さきもり)の末裔。そのため安徳帝など歴代の帝へ忠誠を誓い、宗家に属することなく独自の戦力を持つ。金田城(かなたのき)を拠点とする。

太古から砦を築き諸外国の侵略に備えてきた刀伊祓衆ですが、その数は蒙古軍の数には遠く及びません。逃げることをやめこの場所を「一生懸命」に守ると決めた迅三郎、最大のピンチにどう立ち向かう?。

 

 

 

 

アンゴルモア元寇合戦記 プロモーション動画

 

 

 アンゴルモア元寇合戦記  放送情報 

サンテレビ 毎週火曜24:30~ リピート放送 毎週金曜24:30~
TOKYO MX 毎週水曜25:05~ KBS京都 毎週水曜25:05~
テレビ愛知 毎週木曜26:05~ TVQ九州放送 毎週木曜27:00~
BS11 毎週金曜25:00~ 対馬市CATV 毎週土曜20:00~
NBC長崎放送 毎週日曜25:20~ RCC中国放送 毎週水曜25:25~

 

 

 

 配信はamazon primeにて見放題独占配信! 

 

 

  アマゾンfire TVならテレビでも視聴可能 

 

アンゴルモア 元寇合戦記とは

『アンゴルモア 元寇合戦記』(アンゴルモア げんこうかっせんき)は、たかぎ七彦による日本の漫画。元寇(文永の役・1274年)における対馬の戦いを描く。『サムライエース』(角川書店)にてvol.5(2013年2月26日発売)よりvol.10(2013年12月26日発売)まで連載されたのち、同誌の休刊に伴い『ComicWalker』(同社)に移籍し2014年7月11日よりweb連載中。

 

 

第九話「山城の攻防」視聴感想[ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第九話「山城の攻防」あらすじ

金田城で、迅三郎と島民たちは、白石が獲ってきたイノシシの肉を頬張り、歌を唄い、たき火を囲みながら久しぶりに穏やかな時間を過ごす。しかし、その翌朝、長嶺の元に、蒙古軍接近の報せが届く。

輝日は、蒙古軍と金田城勢との兵力差に動揺するが、迅三郎は、迎え撃つ算段を淡々と進めていた。夜が明け、迅三郎は奇襲により蒙古軍の出鼻をくじくことに成功、畳み掛けるように、長嶺と刀伊祓たちが最大戦力で攻勢をかけるが……。(HP引用)

脚本/ヤスカワショウゴ 絵コンテ/Royden B 演出/森田侑希 作画監督/山崎輝彦,菊池政芳,金 璐浩,宮野 健,Jumondou Seoul,千葉啓太郎,津幡佳明,中村真悟,武智敏光,陸田聡志,滝川和男

 

 

【蒙古軍敗退】最後の砦、金田城を「一生懸命に守り抜く!」

 

大挙して押し寄せる蒙古軍でしたが罠に嵌めたつもりの油断もあったのか、迅三郎の相手の心理を読んだ奇襲に敗北し後退を決めます。正攻法ではなく奇襲攻撃で「一所懸命」に金田城を守り切ることができた今話、お話しとしてもやられっぱなしで勝ちが見えない展開が続いていたので久々にスカッとするものがありました。

いやーよかった!、けどこれだと史実通りのようでそうでないような?。ウリヤンエディは退きましたが果たしてこれで終わりなのか・・。

 

 

 

そして目論見が見事にはずれてしまった白石。さすがに観念するかと思いきや今度は迅三郎の首を手土産に蒙古に取り入ろうと、最後の悪あがきをするようなんですが・・。今話でお話しは山場を越えた気がしていたので逆に先が読めないですね。

一話の冒頭でいわゆる「BAD END」である事を見せられてしまったので変な話、そこにどういうふうに進んでいくのか次週の展開が気になります。

 

 

 

 

【おまけ】「アニメ」もなんとか守り切った!?

 

前週も書きましたがアニメ制作まさに「山城の攻防」のような状況に。作画監督の数が先週同様すごい事に。それよりも驚いたのが原画にクレジットされている人数が三人!、作画監督の人数のほうが多い!!。これって監督という名の・・・。

でも何とか放送も落とさず(?)正直シーンによって作画のバラつきはあったものの、しっかり見れるものが作られていた事を考えるとまたビックリ。そして残り三話なので、たぶんここからがものすごく大変そう・・でもなんとか頑張っていただきたいですね。

 

 

「アンゴルモア元寇合戦記 」  テレビアニメスタッフ

原作 – たかぎ七彦
監督 – 栗山貴行 助監督 – 羽原久美子
シリーズ構成 – ヤスカワショウゴ
キャラクターデザイン・総作画監督 – 小峰正頼
プロップデザイン – 神戸洋行、滝川和男
色彩設計 – 岡田絵美子 撮影監督 – 久野利和
編集 – 右山章太
音楽 – 片山修志
音響監督 – 小泉紀介 音響効果 – 今野康之
音楽制作 – KADOKAWA 音響制作 – ビットプロモーション
アニメーション制作 – NAZ 製作 – アンゴルモア元寇合戦記製作委員会

オープニングテーマ「Braver」 歌 – ストレイテナー
エンディングテーマ「Upside Down」 歌 – SHE’S

 

CAST声優

朽井迅三郎(くちい じんざぶろう) 小野友樹
輝日(てるひ) Lynn
鬼剛丸(おにたけまる) 小山力也
白石和久(しらいし かずひさ) 乃村健次
張明福(ちょうみんぷく) 斎藤志郎
阿無志(あむし) 堀江瞬
火垂(ひたり) 竹内良太
導円(どうえん) 小林裕介
男衾三郎(おぶすま さぶろう) 浜田賢二
宗助国(そう すけくに) 柴田秀勝
阿比留弥次郎(あびる やじろう) 鈴木達央
少弐景資(しょうに かげすけ) 立花慎之介
長嶺判官(ながみね はんがん) 小野賢章
貝谷権太郎(かいたに ごんたろう) ボルケーノ太田
鹿乃(かの) 小松未可子
タツ 米山明日美
サナ 原奈津子
劉復亨(りゅうふくこう) 子安武人
ウリヤンエデイ 利根健太朗
金方慶(きんほうけい) 松山鷹志

 

 

「アンゴルモア元寇合戦記」ブルーレイBOX 予約販売中

 商品詳細 

<収録話数>第1話〜6話

◆Blu-ray&DVD BOX上巻 特典◆
① キャラクターデザイン小峰正頼描き下ろしアニメイラスト使用収納BOX
② 原作者たかぎ七彦描き下ろし漫画
③ 原作者たかぎ七彦描き下ろしイラスト
④ 特製ブックレット
⑤ 動画番組「アンゴルモア元寇合戦記~一所懸命TV~」番外編(出演:小野友樹、小山力也、堀江瞬) 30分程度の予定
豪華ゲストによるここでしか聞けないアンゴルモアやアフレコの面白トークが満載!
そして、元寇クイズのご褒美『特製・対馬料理』を手にするゲストは誰か!?
⑥ 次回予告「アンゴルモア元寇合戦記を訪ねて」特別版<前編>
⑦ その他映像特典:ノンテロップオープニング/ノンテロップエンディング

 

 

原作コミックはこちら