シュタインズ・ゲート ゼロ 第七話 「振電遷移のエクリプス」【視聴感想】[ネタばれあり]

アニメ STEINS;GATE0 第七話 感想・作品情報

 

前回の「シュタインズ・ゲート ゼロ」・突然現れた「椎名かがり」にラボの面々は

 

 

 

 


記憶を無くしてもどこかで育ての親であるまゆりのことを覚えているのか、かがりはまゆりの優しい言葉に涙を流します。思わぬ再会にめでたしめでたし・・ともいかない様。

岡部はかがりを探していた男の事が気になるのか桐生萌郁に引き続き調査を依頼し、るかにはかがりから目を離さない様に頼みます。そして「椎名かがり」を一番探していたはずの鈴羽は別れてしまったあの日の事を思いだし、目の前に現れたかがりに疑念を抱くのです。

 

 

 


なぜ「未来を変えてはいけない」と鈴羽に銃を向けたのか?。そして記憶を無くしているというがそれまでどこでどう過ごしていたのか?。鈴羽同様、私も「怒涛の結末」もあって「もう、なにがなんだか!?」大混乱の前回の感想です。


襲撃はいつもパーティーの後で、桐生萌郁「リア充は死ね!」

 

 


「つらいけど前に進まなければいけない」岡部は牧瀬栗栖との別れの悲しさを乗り越え、この生活を大事に過ごしていくことを誓うのですが・・ここでいつものお決まりの「襲撃」!?。それにしても「シュタゲ」の原作スタッフは「パーティー」が嫌いなんでしょうか?。「リア充死ね」とばかりに繰り返される惨劇に、その恨みのようなものを感じます(笑)。

 

 


スタッフには「萌郁」のような孤独な人が多いんでしょうか(言い方ヒドい)。「テニサーの大学生?そんなリア充ライフ送らせるかーいっ(怒)!」と岡部を暗黒面に引き戻し、決して別の選択は選ばせないようです。

でも私も「白衣のオカリン」に早く戻ってきてほしいですね。シックな服装より懐かしい白衣の方が岡部には似合っています(でもどのみち過去に戻る選択をしても結果は「充実」の岡部です)。


 

 前回の感想 第六話「軌道秩序のエクリプス」 

Hi.アニ!

アニメ STEINS;GATE0 第六話 視聴感想   前回のシュタインズ・ゲート ゼロ 記憶 […]…

ぜひお読みください

 

第7話「振電遷移のエクリプス」ストーリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七話「振電遷移のエクリプス」あらすじ

ラボで行われているお正月パーティが盛り上がる中、突然「アマデウス紅莉栖」の接続が遮断された。さらにその直後、銃で武装した覆面の男たちがラボを襲撃してくる。

かつて、別の世界線で「ラウンダー」の襲撃を受けた際に命を落としたのはまゆりだった。だが、今回狙われたのは……。(HP抜粋)