ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン第一話「スクワッド・ジャム」視聴感想

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン第一話「スクワッド・ジャム」視聴感想

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 第一話[視聴感想]

 

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(GGO)が放送直前まで気になっていたのですが、見ようかどうしようか・・。派生スピンオフ作品なので前作を見ないと多分わからないかも。正直ちょっと面倒くさかったのですがSAOも視聴して放送に備えました(前作のまとめ記事も作りました)。

 

SAO・GGOまとめ

 前作のまとめ記事はこちら 

SAOの作品と新番組ガンゲイル・オンラインの登場キャラクターの紹介をしています。読んでいただくと1話がより楽しめます。

 

 

 

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』(Sword Art Online Alternative Gun Gale Online、略称:SAOAGGO)は、時雨沢恵一による日本のライトノベル。イラストは黒星紅白が担当している。電撃文庫(KADOKAWA)より2014年12月から刊行されている。

川原礫による『ソードアート・オンライン』(Sword Art Online、略称:SAO)の「ファントム・バレット編」(同作5・6巻に収録)を原案としたスピンオフ作品にあたり、同作に登場するゲーム『ガンゲイル・オンライン』(Gun Gale Online、略称:GGO)を舞台に物語が展開される。

「ガンゲイル・オンライン」、人気作品ソードアート・オンライン(SAO)の派生作品ということでどんな作品になるのでしょうか。

 

 

 

 

「スクワッド・ジャム」感想   [ネタばれあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見て感想は「GGOだ!」。SAOの「ファントム・バレット編」で見た埃っぽく、女っ気がなく「銃」が支配するゲーム世界そのままでした(当たり前か!)。それゆえに前作を見ていないと「ゲームのルール」などが分からず初見の方は「?」、その前に仮想現実世界でのゲームであることがわからないかも。前作を見ているといないでは面白さが全然違うのでは、と感じました(見ていてよかった)。そしてこれも当たり前ですがベースになるストーリーが違うので殺し合いが楽しそう(不謹慎な!)。ゲーム世界に合った「ヒャッハー」な対戦チームや、主人公達にも変な悲壮感がありません。レンも「早く殺っちゃえ!」明るい世界だからこそ逆に出てくる言葉ですね。

 

 

SAOでは主人公が無敵で「なんでもあり何でしょ」というところがあったんですが、主人公のレンはほぼ見た目どおりのキャパシティのようです。素早さに秀でているが無敵ではない、というところがいいと思います。

 

 

銃で相手を倒すというゲームなので、こっそりと近寄って撃つというところで好みが分かれるかもしれませんね。他のSAO作品は「剣と魔法」で戦うファンタジー世界がゲームの舞台だったのですがGGOはその点絵面として地味です。そこをどう見せるかで面白さが変わってくると思うのですが、最後に4人を倒すシーンなどちゃんと見せ場を作ってありました。

 

 

見ていて面白いと思ったのが現実世界のプロが仮想ゲーム世界に来たらどうなるか、が描かれていたこと。プロがシミュレーターとしてゲームを使うという発想が面白いです。普通は逆でそれができないのでゲームをするのですが演習としてGGOを利用していました。特殊部隊と思われるチームがゲームの対戦に現れ、「本物が一番強い」ということになるんですがそれをレンの能力を見せるためにうまく使っていたと思います。

あとSAOのキャラ、特にシノンは登場しないのかな?。ビジュアル的にもSAOに意外に馴染んでるし、どうなんでしょうか(さすがにキリトはどうかな・・世界観壊れすぎる?)。

 

 

最後にレンのプレイヤーである「香蓮(かれん)」が登場するのですが、ゲームのキャラクターと違いすぎました・・。SAOのシノン(朝田 詩乃)を大きくして地味にした感じ。SAOでは物語を見ている上で混乱が起こると困るので、プレイヤーとアバターは見た目の齟齬がないように大体描かれていました。今作ではそのギャップが面白く描かれそうですね。女子高生達はゲーム仲間?同じチームではなさそうですが今後物語にどんな登場をするのでしょうか。それとごっつい大男の「エム」は美少年キャラっぽい気がします。ゲーム世界と現実世界では声の演技もかえてくるのかな?。

次回は現実世界の香蓮のことが描かれそうですね。来週も楽しみです。

 

 

 

 

作中の用語補足

予測線(バレットライン)

弾道の軌道を予測して可視化している線。対戦相手が銃を向けると表示されます。レンのように素早いプレイヤーはこの線を利用して銃撃を察知、回避することができます。逆に自分が相手を撃つときは「予測円」(バレットサークル)が視界上に現れ銃撃のサポートをします。今話では最初に遭遇したチームがレンに銃撃を行ったときに現れました

 

サテライトスキャン

GGOでは15分毎に監視衛星がステージ上を通過し、全プレイヤーの位置をスキャンを行います。これによって対戦相手の位置、プレイヤーの生存の有無を配布された端末で知ることができる。今作ではスマホのような端末でしたがSAOでは「立体映像」を投影するタイプが主に登場しました。

※スクワッドジャムでは10分毎でのスキャンのようですね。SAOでは確か15分だったと思ったので・・スイマセン

 

P90

レンが使っている短機関銃。実在するベルギー製の銃で軽量で取り回しがしやすいのが特徴。レンはピンク色の物を使用しています。GGO世界では実在の銃のほかに「光線銃」や「光剣(ビームサーベル)」などの武器も存在し、SAOで主人公のキリトは光剣で敵プレイヤーと対戦した。武器にはそれぞれの長所・短所があり組み合わせて使うのが有効とされています。

 

 

 

 

「ガンゲイル・オンライン」放送を見逃した!

もし放送を見逃してしまったら

abema tvの見逃し配信をどうぞ

こちらから放送予定をご確認ください

※見逃し配信の期間は初回放送より1週間です

または下記の配信サービスでも視聴可能です(4月14日より)

 

ガンゲイル・オンラインの視聴はfire TVで

 

第二話予告動画

 

 

ゲーム「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」が発売中

ソードアート・オンラインの「ファントム・バレット編(ガンゲイル・オンライン)」の世界を再現したゲーム「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」が発売中です。アップデートでアニメの登場キャラクター、 レン・ピトフーイ・エム・フカ次郎が使用キャラクターとして追加されます。