ゴールデンカムイ 第二話「のっぺら坊」【視聴感想】

ゴールデンカムイ アニメ第二話「のっぺら坊」【視聴感想】

 

 

前回のゴールデンカムイ

 第一話「ウェンカムイ」感想 

HIGH!!アニメCLUB

ゴールデンカムイ アニメ第一話「ウェンカムイ」【視聴感想】     ゴールデンカムイ放送前まとめ  まとめ記事 […]…

 

 

「のっぺら坊」感想 [ネタばれあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二話「のっぺら坊」あらすじ

「アイヌの埋蔵金」を探す為、杉元とアシㇼパは人が多く集まる街「小樽」に向かいます。小樽で「刺青」のある男を探すのですが早速手がかりが。自分達の後を密かに追っていた刺青が入った男を捕まえるのに成功します。

捕まえた男から刺青を彫った人物の手がかりをえようとするのですが、「彫った人物は『顔がない』のっぺら坊」と話した直後、狙撃された銃弾によって殺されてしまいます。

狙撃したのは日本陸軍北海道第七師団「尾形百之助」。第七師団は杉元がかつて所属していた激戦を戦い抜いた精鋭の部隊です。尾形は埋蔵金の秘密を知った杉元の命も狙いますが反撃され冬の川に転落してしまいます。

そして「3人目」の刺青の男『白石由竹』を捕らえます。杉元は刺青を彫った人物の情報を聞き出そうとしますがこの男、元「脱獄王」でふとした隙を見計らって縄を解き逃走します。追う杉元でしたが急激な天候の変化「ニプシフム」が迫っている最中二人とも川へ転落してしまいます。寒さの為このままでは命に危険が及ぶという中、二人は協力し窮地を脱します。

打ち解けた白石は自分の知っている情報を杉元に話します。刺青を彫られた囚人は24人、その囚人達の脱獄を指揮したのが元新選組の副長「土方歳三」らしいということ、のっぺら坊は囚人達に「小樽に行け」と支持をされていた。二人はここで別れるのですが・・・。

 

二話は「テンポよく」まとめてありました

コミックの杉元の回想シーン等がカットしてあって話の展開はテンポがよかったのではないかと思います。特に白石の物語への登場は違和感なかったのではないかな。それと「ギャグのシーン」で杉元と白石役の声優さんの演技がはまっていたかも。描き方にギャップが大きいキャラクター達なので結構難しいと思うのがすごく自然でした。今後演じるのは三枚目の演技のほうが多くなりそう?なので楽しみです。

 

 

世の中の批評は「作画」

「ゴールデンカムイ」放送後【ネットの反応】

 

 

 

 

・・確かにちょっと厳しめなところも。でも自分はそこまで悪いとは思わなかったです。ある程度画面の大きなテレビでみればそうでもないのでは。キャラクターが「黒目」がちに書かれていることが多いので、小さく抜いたキャプチャー画ではちょっとおかしく見えるのですが実際はそこまででもないんじゃないかな・・。

ただ原作にアニメの何かを「プラスして」という魅力は出せていないのかな、アクションやもうひとつ魅力でもある「料理」のシーンなども原作にプラスして魅せる、というところには至っていないと思います。今回の見せ場の一つであるはずの料理を「チタタㇷ゚」し「ヒンナ」して食べるシーンも原作どおりですがそれ以上の魅力は生かせてなかったのでは。

前回の投稿でも書いたのですが制作のアニメ会社「ジェノスタジオ」は前作「刻々」の時から制作スケジュールがひっ迫しているようです。オープニングも最近のアニメでは珍しく劇中のカットが多用されていたりかなり厳しそう。

二話の作画を見てですがジェノスタジオは「刻々」・「ゴールデンカムイ」に加えて「もう一作」を今も制作中みたいなので、ひょっとしたらシーズン中盤以降放送が厳しいことになるかも。以降のエピソードでは「変顔」など作画や演出の技術が問われるシーンが多く登場するので・・大丈夫かな?。

自分としては無理せず放送は「一時撤退」でもいいんじゃないのかなと思います。その方がファンにも支持されるはずです(予算的にそれも無理だったりして・・)。

※作画については「ブルーレイ」での修正にも大きく期待したいですね。

 

  ジェノスタジオ前作「刻々」はアマゾン・プライムで配信中

  amazon prime入会はこちらから

 

 

原作コミック全巻読んでみました

これは確かに「面白い」ですね。自分が知っている漫画」ではジョジョの奇妙な冒険の第三部「スターダスト・クルセイダース」に雰囲気が似ているでしょうか。

 

仲間を集めながら旅をし、その土地の風俗にも触れる。そして登場するキャラクターはすごく猟奇的であり、しっかり笑いをとるシーンもあって読んでいて全く退屈しない、名作の要素を備えていると思います。

 

個人的には4巻以降からすごく「ゴールデンカムイ」っぽくなってくると思います。ぜひ一度読むことをお勧めしたい作品です。

 

はやくもブルーレイ発売決定

 

 

 

 

「ゴールデンカムイ」放送を見逃した!

もし放送を見逃してしまったら

フジテレビオンデマンドで配信されます。