フルメタル・パニック!IV 第八話「ワン・マン・フォース」視聴感想【ネタバレあり】

フルメタル・パニック!IV 第八話「ワン・マン・フォース」視聴感想【ネタバレあり】
目次

FULL METAL PANIC! IV(フルメタル・パニック! Invisible Victory) 第八話視聴感想

 

 

 

前回のフルメタル・パニック!IV

 

「いい機体だ」サベージ vs M9、予想通りの仕事に宗介もニッコリ

 

 

 

 

 

 

 

まだ西側諸国では配備がされていない最新鋭の機体M9と時代遅れの前世代機であるサベージの戦い。戦力の差を考えれば試合になどなるはずなく、文字通り「処刑」でしかないバトルだったのですが宗介は小さな勝機をうかがいます。

 

ここでこの二機のスペックを見てみます

 

M9 ガーンズバック

型式番号は「M9」。「M6」ブッシュネルを発展させた「第三世代型AS」。第二世代型と比べ機動力や運動性能が相当に高い。メリッサ・マオやクルツ・ウエーバーが搭乗する機体。特にマオの搭乗機は対電子戦用に強化され、頭部にブレードアンテナを装備している。また第二世代型のAIが搭載されており、搭乗者の負担を大幅に軽減してくれている。ガスタービンエンジンではなくパラジウムリアクターをその動力源としている。

[DETAILS] 型式番号:M9 全高:8.4m 重量:9.5t

愛称が「ガーンズバック」西側諸国ではまだ配備が始まっていない新型機ですがミスリルでは主力ASとして配備されています。

 

 

 

 

 

派生型としてマオの乗る電子戦強化タイプやクルーゾーが使用するファルケなどがあります。「アーバレスト」はM9の試作機を基に作られている「兄弟」みたいな存在です。

※以前の投稿でM9をベースにアーバレストが作られたと書きましたが勘違いでした・・スイマセン

 

 

Rk-92 サベージ

第二世代型AS。ディーゼルエンジン搭載の初期型Rk-91とガスタービンエンジン搭載の後継機Rk-92がある。ソ連製で東側諸国の主力兵器。カエルのような格好をしており、構造は単純であるが無理の利く丈夫さが特徴。相良宗介もヘルマジスタン時代、Rk-91に搭乗していた。

[DETAILS] 型式番号:Rk-92 全高:8.1m  重量:12.5t

 

 

 

 

卵型のボディで見た目の第一印象は「カエル」。カッコいいかと言われれば・・まあやられメカですからね。なんというかそれを意識したデザインは嫌いではない、といったところでしょうか。

 

 

そういえば宗介は第一シーズンで既にサベージに乗って大暴れしています。かなめを脱出させるために奮闘しますが最後はラムダドライバ搭載のヴェノム(コダール)にやられてしまいました。

 

しかし今回は見事撃破!、両方の機体特性をよく知る宗介だからこその戦い方でした。このあとに攻撃ヘリを丸腰で撃墜させるオマケ付きです。やられメカも「このカラーリング」だと無敵ですね。

 

 

 

 

 

 前回の感想 第七話「ジャイアント・キリング」 

フルメタル・パニック!IV 「今までの放送が見たい!」

以下のサービスで配信中です



フルメタル・パニック!IV 配信の視聴はfire TVで

各配信サービスはもちろんabema TVも対応しています。地方住まいのアニメファンには欠かせないアイテムです!

 

 

「フルメタル・パニック!IV」はAT-Xが最速放送

 

なんと20:30からの放送なので地方住まいの方は眠い目をこすって視聴しなくていいんです!(BS11は27:00)。リアルタイムで見逃しても再放送があるのでフルメタ!を楽しむなら断然「AT-X」です

AT-X(スカパー)お申込みはこちらから

 

 

 

 

 

 CAUTION!ネタバレあり 

 

ワン・マン・フォース」感想 [ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第八話「ワン・マン・フォース」あらすじ

クラマとナムサク署長を追い詰めるべく、再びサベージ「アル二世」を操りクラマの元へ。その行く手を阻む雇われAS軍団。宗介に大きな試練が降りかかる。(HP抜粋)

■脚本:賀東招二 ■絵コンテ:摩砂雪・中山勝一 ■演出:大西健太・中山勝一 ■キャラクター作画監督:吉岡毅・那花優統・梁博雅・田中宏紀・松村拓哉・鈴木奈都子・堀内修 ■メカ作画監督:松村拓哉・加藤優

 

 

ひどすぎる! ナミの死に涙が止まらない・・

 

 

いくらなんでもひどすぎる・・あんな無残に殺されるなんて。「故郷にもう一度学校を建てる・・」自分ではなく人の幸せの為にその短い人生を生きたナミ。もう果たされることがない彼女の夢を思うと「また涙」です。

 

ネットのネタばれで「ストーリー途中で死ぬ」というのは知っていたのですがあんな死に方・・あんまりです。とてもお気に入りのキャラだったのに、アーバレストみたいにボロボロにしやがって(ASじゃないのよ)。

クラマは当然「ぶち殺す!」なんでしょうけどナミに比べると見せ場がある死に方なんじゃないの?。宗介もひどい、涙も流さないどころか最後には「千鳥、会いたい・・」。もう「グチグチ」が止まりません。

 

 

来週からオープニングでナミの笑顔を見るのがたまらなく辛くなりそうです。

 

 

https://twitter.com/shikidoji/status/1005088509282037761

 

 

 

しかし本編は最高のアクション回でした!

ナミの死にしばらくショックを受けていましたが、それからあとは今までになかったアクション回に。前回もすごくいいと思ったのですがそれを上回る作画回!。AS のCG、そしてキャラクターの作画もです。

 

 

 

 

しかし当然のように万策尽きる!(笑)二度目の総集編です。レイバーテインも登場しそうな、いいところで終わりました。

 

 

レモンはミスリルではなくてフランスの諜報員?だったのですね。ミスリルの一員ではないのでそれほどあてにならなそう・・。それよりか香港のおっさん(名前なんだったけ)とレイスのほうが役に立ちそうです。

 

 

 

PS4ゲーム「フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ」発売中!

先週発売された「戦うフー・デアーズ・ウィンズ」、プレイ中の方は楽しまれているでしょうか。

 

 

 

戦うフー・デアーズ・ウィンズ 発売開始プロモーション等

 

 

 

 

「売れている」ということでいいのかな。1週間で1万本ってアニメのブルーレイなら大したものなんですけどね。

 

 

原作にないエンディングが楽しい

「なぜこうなった・・」関智一さんの声で脳内再生され大爆笑です。早速プレイして予想しなかったエンディングを迎えた方もいるようですね。ファンならではの楽しみ方ができる良いゲームのようです。

 

 

「ナミ」のルートもあるようなんですが・・

今回の放送を見た後ではちょっとおふざけがすぎるのかな(笑)。と思っていたら!

 

 

 

いや、いくらなんでも自由すぎるって!(笑)。選ぶのは誰か一人にしないと。

 

 

フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ PV動画

 

 

 

フルメタル・パニック!前作までの復習をぜひ

前作を見ていないと内容に「?」説明なく進む話に「置いてけぼり」です

配信はこちら(amazon prime)

 

原作小説・コミックはこちら

 

 

フルメタ原作 スピンアウト作品「フルメタル・パニック!アナザー」

 

 

 

 

フルメタル・パニック! Invisible Victory(IV)  放送スケジュール

AT-X (最速放送) 毎週金曜 20:30~ リピート 毎週(日)21:30/(月)12:30/(水)28:30

TOKYO MX 毎週金曜 22:30~ 再放送 4月16日(月) 毎週月曜 22:00~
サンテレビ 毎週金曜 23:30~
BS11 毎週金曜 27:00~

※放送日程は変更になる可能性がございます。

AbemaTV  毎週金曜 23:00~

 

 

「アーバレスト」のプラモデルを買いました【組立奮闘記】

 

先日買ったバンダイ「1/60 アーバレスト」の投稿を書いています。いわゆる「パチ組」でそのまま組んだだけの話なんですが、数十年ぶりにキットを組んだ驚きと意外な苦戦を書いています。ぜひ読んでみてください。

「フルメタル・パニック!」プラスチックキットが続々登場!立体でもASを楽しもう

※七話を見てM9とサベージが欲しくなってしまった・・どうしようかな。

 

 

ブルーレイ予約受付中

amazon全巻購入特典 ブルーレイ・DVD全巻収納BOX

 

フルメタル・パニック! Invisible Victory 「ブルーレイCM動画」

 

 

オープニング曲「Even…if」好評セールス中!

 

 

2018春アニメカテゴリの最新記事