84f731e675a3f180a37591653745b91f

フルメタル・パニック!IV 第五話「WELCOME TO THE JUNGLE」視聴感想【ネタバレあり】

FULL METAL PANIC!IV(フルメタル・パニック! Invisible Victory) 第五話視聴感想

 

 

前回のフルメタル・パニック!IV

 

 

 

前回は「総集編」だったのですがその最後に次回予告が入り、そこでは新しい物語の舞台が分かりボロボロのAS「サベージ」が格闘技場で戦う姿が描かれていました。

 

このサベージ、フルメタルパニックシリーズではお馴染みの「共産圏の主力AS」として数多くのエピソードに登場しています。

Rk-92 サベージ

第二世代型AS。ディーゼルエンジン搭載の初期型Rk-91とガスタービンエンジン搭載の後継機Rk-92がある。ソ連製で東側諸国の主力兵器。カエルのような格好をしており、構造は単純であるが無理の利く丈夫さが特徴。相良宗介もヘルマジスタン時代、Rk-91に搭乗していた。

[DETAILS] 型式番号:Rk-92 全高:8.1m 重量:12.5t

 

やられメカで機動戦士ガンダムでいうとザクのような立ち位置の「THE量産機」なのですが、どうやら新しい物語の舞台ではこのASが活躍するようです。

前回の投稿で書きましたが、新しいエピソードは80年代のテレビアニメ「装甲騎兵ボトムズ」の作品世界の一部をリスペクトしていると思われます。そのボトムズに登場するのが主役機AT(アーマードトルーパー)「スコープドック」です。

 

スコープドッグ

形式番号:ATM-09-ST
ギルガメス軍制式AT。ミッド級に分類される。さまざまな武器やアタッチメントを交換・追加することにより戦場を選ばない。ギルガメス軍では優れた工業製品として高く評価され、最も多く生産されているATであり、スコープドッグよりも高性能なATが開発されているにもかかわらず数十年に渡って主力機であり続けているという傑作機。開発元はメルキア星のアデルハビッツ社。
本機の特徴は驚くほどの汎用性の高さにあり、上半身と背部を中心にアタッチメントの換装が可能なため、宇宙空間での戦闘やパラシュート降下、武装追加などが容易に可能となっている。主人公キリコ・キュービィーも愛用し、劇中でもほとんどスコープドッグ系のATを操縦するが、テレビシリーズのクエント編ではATM-09系に一度も搭乗していない。

 

「主役機」と書いたのは主人公は同型機を何度も乗り継ぎ、「愛機」と呼べる存在が無いからです。当時このスコープドックを見て驚いたのが、そのデザインがアニメの主役ロボットのそれではないという事です。機体のカラーと何より頭部の形状、三眼のカメラが付いて戦車の砲塔部を思わせるそのデザインはガンダムから始まったリアル系ロボットの完成形でした(でもガンダム登場からわずか5年後です)。

と知った様に書きましたが実は私、前回の投稿でも書いたのですがボトムズ見たことがないんです・・。1983年当時住んでいたところでは放送ネットがされてなく、最近になって見たくなり配信されていないか契約しているサービスを調べたのですが、見放題での配信がなくて未だに未見の作品となってるんです。(配信では「外伝」的な物はあったのですが、本編を見ていないのでちょっと「話」がさっぱり?)

 

でもアニメ雑誌でそのデザインを見たり、そしてプラスチックキットを組んだりしてこの主役機のことはよく知っています。

 

タカラ製の上記のキットです。全体のプロポーションやディティールも良く、胸部のハッチが開き中のコックピットも再現されている良キットでした(ただし降着ポーズは取れなかった)。

このスコープドック外見だけでなくアニメの設定でもリアルで斬新な機能がいくつもあり、足の裏に車輪があり高速で移動できる「ローラーダッシュ」、格闘戦では火薬の力でパンチを繰り出す「アームパンチ」など他のアニメのロボットにはない、機体自体に「独特な存在感」があり、当時はそれがとてもかっこよかった!。

そして主人公のキリコは機体の能力ではなく自分の操縦技術で敵を倒していきます・・いや観てないので(笑)、そんな感じだと勝手に思っているのですが(本当はキリコにもその「秘密」があるようですね)。

 

サベージにも何かスコープドックと同じ雰囲気を感じます。アーバレストのように特殊な能力があるわけでなく、それは全てを失った今の宗介のメタファーのような気もします。あえて量産機で戦う姿を描く、それが男のロマンなんでしょうか「賀東先生!!」。

 

「アーバレスト」のプラスチックキットを買いました
Hi.アニ!

フルメタル・パニック!に登場する「アーバレスト」のキットを購入してみました   新作アニメ「フ […]…

 

「プラモデル」の話が出たというところで先日買ったバンダイ「1/60 アーバレスト」の投稿を書いています。数十年ぶりにキットを組んだ「ペーパーモデラー」の結末やいかに?あまり内容は無いんですが(笑)ぜひ読んでください。

 

 

前回の感想 【総集編

インターミッション
Hi.アニ!

FULL METAL PANIC ! IV(フルメタル・パニック! Invisible Victory) […]…

ぜひお読みください

 

 

 CAUTION!ネタバレあり 

 

「WELCOME TO THE JUNGLE」感想 [ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第五話「 WELCOME TO THE JUNGLE」あらすじ

フォトグラファーのレモンは観光途中、ガラの悪い男たちから因縁をつけられ金品を奪われそうになるも、ポニーテールの若い女の子、ナミに助けられる。ナミは、レモンを救い出した報酬として5000ドルを要求する。(HP抜粋)

スタッフ 

■脚本:賀東招二 ■絵コンテ:福田道生 ■演出:山田雅之 ■キャラクター作画監督:那花優統・山岡信一・糸島雅彦
■メカ作画監督:加藤優