フルメタル・パニック!IV 第二話「損害制御」視聴感想【ネタバレあり】

FULL METAL PANIC! IV(フルメタル・パニック! Invisible Victory) 第二話視聴感想

 

前回は宗介とかなめがアマルガムの戦闘員に包囲されてどうする?というところで終わったのですが、さらにミスリル本体も危機的な状況に。そして前回のタイトルでもあった「ゼロアワー」。なぜレナードは異常気象が起こることを知っていたのか・・彼の「予知」という言葉が気になります。

 

 

前回の感想

第一話「ゼロアワー」

HIGH!!アニメCLUB

目次 1 FULL METAL PANIC! IV(フルメタル・パニック! Invisible Victory) 第一話…

 

「フルメタル・パニックIV」はAT-Xが最速放送

なんと20:30からの放送なので地方住まいの方は眠い目をこすって視聴しなくていいんです!(BS11は27:00)。リアルタイムで見逃しても再放送もあるのでフルメタを楽しむなら断然「AT-X」です

AT-X(スカパー)お申込みはこちらから

 

 

 

 CAUTION!ネタバレあり 

 

「損害制御」感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二話「損害制御」あらすじ   [ネタバレあり]

アマルガムは知ることができるはずない「太陽の黒点運動」による世界的な電波障害に乗じてミスリルの軍事拠点「メリダ島」に奇襲攻撃を仕掛けてきます。軍事衛星の支援を受けることができずなす術もなくメリダ島基地は大損害を受けてしまいます。

このままでは基地が完全に陥落するのは時間の問題、テッサは迫りくる超重AS「べへモス」の上陸を阻止し潜水揚陸艦「トゥアハー・デ・ダナン」で島から脱出することを決めます。しかしべへモスはアーバレストと同じ「ラムダドライバ」を搭載しており通常の兵器は全く通用しません。

無敵のべへモス相手の勝ち目のない戦闘に司令官である「テスタロッサ」をアマルガムに差し出し降伏しようとする兵士も現れますが、テッサは「反逆は絶対許さない!」。強い態度で「必ず生き残る」と兵士たちへの統率を強くします。

一方宗介とかなめはアマルガムの戦闘員に囲まれ絶対絶命に。一般市民を巻き添えにしながら必死の逃走を続けます。圧倒的な敵に囲まれたそのときに救出のヘリからアーバレストの機体管制AI「アル」の声が。間一髪で宗介はアーバレストに乗り込み、敵を掃討して窮地を脱します。

しかしかなめの携帯にクラスメートの恭子が人質にとられている画像が!。宗介とかなめは一体どうする!?。

 

オープニングとエンディングが付きました

 

 

これからの物語の展開が少し分かってくる映像です。ボロボロになったアーバレスト、そして新しく登場するAS「レーバテイン」。新たに登場するキャラクター達。そしてオープニング冒頭で宗助は学校の「制服」でもミスリルの「軍服」いずれでもない「いでたち」に。

 

オープニングは数多くのロボットアニメを手がけられた「大張正己」さんが担当されています。とにかくカッコいい!ぜひ観ていただきたい「名オープニング」だと思います。

 

 

アーバレストが登場!

今話よりアーバレストやべへモスなどのASが登場しました。CGの作画ですがいいですね!。アーバレストのカメラアイのアップなどCGでしか「出来ない」かと。「CG」と言えばこの前こんな番組を見たんです。

 

CSのアニメ専門チャンネル「AT-X」で放送されている「津田健次郎presents 裏アニメ」という番組に、フルメタルパニックⅣの特集が三回に渡ってあり、その中で統括プロデューサー の伊藤敦さんと原作と脚本担当の賀東招二さんが出演して「CGの作画」の話をされていたんです。

 

手書き作画は「嘘がつける」がCGは「嘘がつけない」

今までのシリーズと新作「Ⅳ」はアニメ作品としてどこが違うか、という話になりメカニックの作画がCGになったというのが「大きな変化」だとおっしゃられていました。そしてCGは「大変!」だと。

CGだと作画が簡単にできるイメージを私は持っていたのですがCGはプログラムデータなので「融通がきかない」そうです。例えば迫力を出す為に「パース」をつけるポーズの作画などは本来できないそうです。

 

 

まさに「こんなカット」。左手は手前に迫りナイフを持った右手は遠くぼやけていますがCGではこれが「できない」という話に。こんなかっこよいポーズで「作画」できないそうなんです。ではどうするかというとCGの各パーツ(この場合特に左手)を一旦「ばらして」画面上に配置するとのこと。そのままではこんなに「大きく」見せることができないんだと・・。

その他に大変なのは、CGの作画は手書きと違って「急には」作れないので脚本を作る段階で「どのAS」を登場させるか、というのを決めなければいけないそうです。後から思いつきで「どんどん追加」みたいなことがCGのモデリングに時間がかかるので「出来ない」。手書きの作画はそういう融通がきくので「CGは手書きと違って大変」と熱く語ってらっしゃいました。

 

それとCGの話ではないのですが、番組の中で面白く思ったのが実は設定のサイズだとアーバレストに「宗介は乗れない」という話。設定ではアーバレストは全高8.5mなのですが、それでは人間の体が大きくて「入らない」そうなんです。番組の中では「足が本当は『はみ出ている』はず」と笑い話にされていました。賀東さんも「これくらいの大きさでいいだろう」と設定されたそうですがそれではNG!だったみたいです。結構いろんな箇所の設定を、細かく賀東さん自身がされているそうなんですが「まさかそんなところをミスってるなんて」というお話しでした。

 

AT-X(スカパー!)の加入はこちらから


津田健次郎presents 裏アニメはスカパー!のAT-Xチャンネルで放送中です。「裏」話がとにかく面白い!ぜひ観ていただきたい番組です。

 

 

 

シリアスすぎる展開に宗介は?

人質を取られ「かなめ」を選ぶのか?それとも・・。今までのシリーズの中でも重すぎる選択をしなければいけない宗介。辛すぎる展開に次週が気になります。

フルメタル・パニック!前作までの復習をぜひ

 

 

フルメタル・パニック! Invisible Victory(IV)  放送スケジュール

AT-X
4月13日(金)より毎週金曜 20:30~
リピート 毎週(日)21:30/(月)12:30/(水)28:30

TOKYO MX
4月13日(金)より毎週金曜 22:30~
再放送 4月16日(月) 毎週月曜 22:00~

サンテレビ
4月13日(金)より毎週金曜 23:30~

BS11
4月13日(金)より毎週金曜 27:00~

※放送日程は変更になる可能性がございます。

AbemaTV にて4月13日より 毎週金曜 23:00~

 

はやくもブルーレイ予約開始

 

「フルメタIV」放送を見逃した!

もし放送を見逃してしまったら

abema tvの見逃し配信をどうぞ

こちらから放送予定をご確認ください

AbemaTV

「鬼滅の刃」「NARUTO」などAbemaTVアニメチャンネルの番組表を今すぐチェック。最新作からあの話題作の一挙放送ま…

※見逃し配信の期間は初回放送より1週間です

または下記の配信サービスでも視聴可能です(4月21日より随時開始予定)



 

 

「フルメタル・パニック!」前作は以下の配信サービスでも視聴できます



 

ゲーム「フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ」が予約中