『ゾンビランドサガ』第9話「一度は尽きたこの命 なんの因果か蘇り 歌い踊るが宿命なら 親友への想いを胸に秘め 貫くまでよ己の SAGA」視聴感想[ネタバレあり]

2018年12月5日

TVアニメ『ゾンビランドサガ』  第九話感想

 

 

前回のゾンビランドサガ 



 

リリィ親子の「時を超えた思い」に涙、そして「アイドルは恋愛禁止じゃーい!!」

サガロックフェスのステージも大成功に終わり、佐賀での知名度も格段に上がったフランシュシュ。そんなある日、チェキ会でリリィの前に実の父親が現れリリィが「男の子」だった事実が明らかに。自分が死んだ「まさお」という事も明かせず、最初はどう接したらいいか戸惑うリリィ。しかし父の息子を思い続ける気持ちを知り、自分も何かできないかフランシュシュのメンバーと共に行動を始めます・・。前半大いに笑わせ後半それをすっかり忘れるほどの感動回、不覚にも泣いてしまいました(涙)。お題が「親子の愛」という一見地味なテーマでしたが、放送後は意外にも好反響!。やはり誰にでも分かる「親子の愛」というのが胸に響いたのかな?。前々回といい「ゾンビランドサガ」という作品を考えればストレートなお話しが続いたのですが、それ故に避けて通ることができない難しい題材をしっかりと描き切っていました。

前回の個人的な「見どころシーン」は、

CGではなく「手書き」のライブシーン。キャラクターにお芝居が必要な場面なので手間は掛かったと思いますがこれは大正解!。途中に挿入されるリリィ親子の回想シーンも相まってとても良い終わりの場面となりました。そしてもう一つは「昭和アイドル」純子にある大きな変化が!。

 

 

 

幸太郎への態度が明らかに変わった純子、前々回の立てこもり事件で幸太郎のポイントが上がってしまったのか!?。普通のアイドルアニメではまずないであろうこの展開に「ボケェ!、アイドルは恋愛禁止じゃろがーい!!」の私なのでした・・。「恋愛交際発覚」のアイドルファンの気持ちが初めてわかった(笑)。でもこの二人、何か大きな展開がこの後あるんでしょうか(笑)。

 

 

「ゾンビランドサガ」第7話・8話で人気が一気に加速!!

「化けの皮」?が剝がれ、一気に人気が爆発!。放送開始からしばらくすると注目度が下降していく作品が多い中、お話が折り返したところでブーストするとはスゴイ・・。色々と要因はあるんでしょうけど、ひとつは「一部の層」のウケを狙った安易?な作りの作品じゃなくて誰が観ても「面白い」という所にこだわった事でしょうか。だから悪い意味で「アイドルアニメ」のレッテルを張られない様、最初はネタばれ禁止だったのかな。はじめからアイドルアニメと分かっていたら私も見なかったと思います(笑)。

 

「ゾンビ」「アイドル」になって「佐賀」を救う!、この三本立てキャッチコピーだと「何じゃそりゃー!」となって誰でも見たくなるはずです(笑)。もちろん作画やお話しがしっかり作られてないと見続けてもらえない、というのが一番大変な所ではあると思うんですけどね。

 

 

 

 ゾンビランドサガ放送情報 

AbemaTV 毎週木曜23:30 ※リピート放送あり

AT-X 毎週木曜23:30 ※リピート放送あり

TOKYO MX 毎週木曜24:00 サンテレビ 毎週木曜24:00 BS11 毎週木曜24:30 

サガテレビ 毎週金曜25:25 TVQ九州放送 毎週金曜26:58 

 

 ゾンビランドサガ 配信はこちら 

「ゾンビランドサガ」は以下のサービス等で配信

「ゾンビランドサガ」無料配信 

 

 

 

第九話「一度は尽きたこの命 なんの因果か蘇り 歌い踊るが宿命なら 親友への想いを胸に秘め 貫くまでよ己の SAGA」視聴感想[ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第九話「一度は尽きたこの命 なんの因果か蘇り 歌い踊るが宿命なら 親友への想いを胸に秘め 貫くまでよ己の SAGA」あらすじ

突然ですが、少子高齢化社会です。
これからはサガのご老人たちにも『フランシュシュ』のファンになってもらわなければならない。
おじいちゃん、おばあちゃんが会いに来るアイドル。素晴らしいと思いませんか。
イベントでの挨拶も、わかりやすくするか……
「『フランシュシュ』はいつでもアクセル全開! 老若男女に向けたアイドル活動を行ってまいります!」
いや、もっと端的に、
「ゾンビィのとこ、こないか?」
―――――《巽幸太郎》の日記より(HP引用)



 

 

「!?」のサキ激走回!、でも「藤子不二雄ワールド」は怒られないの?(そしてタイトル長い・・)

佐賀の高齢者層にもファンを増やすべく地道にアイドル活動を行うフランシュシュ一同。そんなある日、サキは公園で出会った不良少女に自分の過去を思い出します・・。前回予告にあったようにタイトルが滅茶苦茶長い「サキメイン回」、前回のようにちょっとほろっとさせるのかな、と思っていたらとんでもなくサキがカッコよく「気合い入った」今話でした。しかしレディースのチーム名、怒られないかな・・(笑)。

 

 

そして今回もなんとエンディングがライブシーン!、手書きで「気合い」入っていました。これはしばらくこの「盛り上がる」嬉しいパターンが続きそうですね。

 

※レディースなのに不良に全くなり切れていない「怒羅美」の彼女達がすごく可愛かった(笑)。「やばたにえん」とか言っててただのJKです。

 

 

「ゾンビランドサガ」  スタッフ

原 作 広報広聴課ゾンビ係
監 督 境 宗久
シリーズ構成 村越 繁
キャラクターデザイン 深川 可純
美術監督 小倉 一男
撮影監督 柳田 貴志
色彩設計 佐々木 梓
編 集 後藤 正浩
音 楽 高梨 康治
音楽制作 エイベックス・ピクチャーズ
音響監督 境 宗久
音響制作 dugout
アニメーション制作 MAPPA

 

CAST声優

巽 幸太郎 声-宮野 真守
源 さくら 声-本渡 楓
二階堂 サキ 声-田野 アサミ
水野 愛 声-種田 梨沙
紺野 純子 声-河瀬 茉希
ゆうぎり 声-衣川 里佳
星川 リリィ 声-田中 美海
山田 たえ 声-三石 琴乃
警察官A 声-吉野 裕行
ロメロ 声-高戸 靖

 

 

『ゾンビランドサガ』 ブルーレイ予約中

【商品概要】
■発売日:2018/12/21(金)
■タイトル:ゾンビランドサガSAGA.1
■収録話数:第1話~第4話+特典映像
■永続特典:特典CD(ゾンビィソング2曲収録)
■初回仕様:キャラクターデザイン深川可純描き下ろし三方背ケース
■初回特典(封入):特製ブックレット

【商品概要】
■タイトル:ゾンビランドサガSAGA.2
■収録話数:本編各4話+特典映像 ※SAGA.2:第5話~第8話+特典映像
■永続特典:特典CD(ゾンビィソング2曲収録)
■初回仕様:キャラクターデザイン深川可純描き下ろし三方背ケース
■初回特典(封入):特製ブックレット

【商品概要】
■タイトル:ゾンビランドサガSAGA.3
■収録話数:本編各4話+特典映像 ※SAGA.3:第9話~第12話+特典映像
■永続特典:特典CD(ゾンビィソング2曲収録)
■初回仕様:キャラクターデザイン深川可純描き下ろし三方背ケース
■初回特典(封入):特製ブックレット

 

 

BD1巻には「伝説」のラップも収録

そして「フランシュシュはここから始まった!」伝説のヘドバンも収録!

 

コミカライズ作品も公開中

 

 

ゾンビランドサガ オープニング・エンディングテーマ