『ゾンビランドサガ』第4話「ウォーミング・デッド SAGA」視聴感想[ネタバレあり]

『ゾンビランドサガ』第4話「ウォーミング・デッド SAGA」視聴感想[ネタバレあり]

TVアニメ『ゾンビランドサガ』  第四話感想

 

 

前回のゾンビランドサガ : 「DEAD OR LIVE SAGA」

 

 

【直球アイドル回】ユニット名はゾンビだけに「腐乱臭衆」、いや『フランシュシュ』!

 

これまでは音楽「あるあるネタ」で攻めてきたきたゾンビランドサガでしたが、ここにきてまさかのアイドルアニメ回。アイドルアニメ「あるある」の回なんですが、わざわざ(?)ダンスシーンはCGで作画までする凝りように笑いを通り越して只関心。

ネタ勝負のアニメの中では作画もかなり頑張っているとは思っていたのですが、ここまでやるとは・・。

 

 

 

このふざけた本気度に観ていて「本当にアイドルアニメだったんだ!」とビックリした人も多かったのでは?(笑)。CGでの作画を念頭においていないキャラデザだと思うので、ここまで作るのはとても難しく時間もかかったんじゃないかな。

ただ心配なのは今回は「ネタ」だったので今後ライブシーンがどの位の頻度で登場するのか・・個人的にはせっかくだからガンガン登場させてほしいんですけどね!。

 

 

【前回のあるあるネタ】「ゾンビ臭」を気にするさくら達、乙女です

 

 

前回のあるあるネタだ笑ったのは腐乱臭を気にするさくら達の姿、そうです「ゾンビあるあるネタ」。ゾンビだから腐っているのでは?と1話を観ていた時からすごく思っていたんです(笑)。めちゃめちゃ気にしている彼女たちが可愛くておかしい。

年頃だから体のニオイ、気になりますよねー(笑)。

それと「あるあるネタ」なのかな、というところではゆうぎりがさくらを殴って説教をするシーン。

 

 

 

ダンスの練習がうまくいかず、落ち込んでいる皆を鼓舞しようとするさくら。そして突然にそれをさせまいと平手打ちするゆうぎり!。それはお前の役割じゃないと言わんばかりにさくらの言葉を遮ります(笑)。

こういうシーンを仕切るのって、一番「お姉さん」のキャラの役目なのでそれに沿って展開が無理やりに変えられていました(笑)。

アイドル物というよりは「部活もの」のにありそうなこの場面、はじめは「なんで?!」すぐに理解して大爆笑の前話の1シーンでした、。

 

 

【前回の佐賀巡礼】ゲリラライブが行われた「唐津駅前」

 

 

三話のゲリラライブが行われた「唐津駅北口」、ストリートビューで見ると結構狭い?!。実際はライブでダンスをするのはちょっと無理っぽいですね。それにしても幸太郎はなぜここを選んだ?!。

ストリートビューで見ると「人がいない・・」、アニメのシーンもそんな描き方ではありましたが・・(笑)。

 

キャー!!、そんなこといっちゃダメ―(笑)アニメのほうが人がいるなんてー。それに人が沢山いる所でやるから「ゲリラライブ」なのであって、それじゃ大前提が壊れちゃいます。

「観ている人が誰もいないライブ」のほうがシュチュエーションとして辛すぎる・・(超・沢田研二状態)。

 

 

 

 ゾンビランドサガ放送情報 

AbemaTV 毎週(木)23:30 ※リピート放送あり

AT-X 毎週(木)23:30 ※リピート放送あり

TOKYO MX 毎週(木)24:00 サンテレビ 毎週(木)24:00 BS11 毎週(木)24:30 

サガテレビ 毎週(金)25:25 TVQ九州放送 毎週(金)26:58 

 

 ゾンビランドサガ 配信はこちら 

「ゾンビランドサガ」は以下のサービス等で配信

「ゾンビランドサガ」Abema TVで無料配信 


テレビ最新話放送の同日に配信(期間は一週間で無料です)

 アマゾンfire TVならテレビで視聴可能 

 

 

第四話「ウォーミング・デッド SAGA」視聴感想[ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第四話「ウォーミング・デッド SAGA」あらすじ

グループ名は俺に何の断りもなく『フランシュシュ』になったらしい。リーダーもいつの間にか《サキ》に決まっていた。
改めて俺がプロデューサーだと分からせた方がよさそうだ。

とは言え、自主的に行動するようになったのは悪いことではない。
ここはちょっぴりやる気を出したおしゃべりゾンビィ達に、がっつり稼いでもらうとしよう。

というわけで、温泉へ営業に行かせます。メイクが取れてゾンビィバレでもしたら、一巻の終わりだな。 ―――――《巽幸太郎》の日記より(HP引用)

 

 

【テコ入れ温泉回?】「温泉入りたーい♡」でもゾンビィばれで一騒動!

 

・・何だろう、ちっとも嬉しい気がしない温泉回。普通は湯気に隠れた部分がブルーレイではバッチリ!。チラリを通り越した「ポロリ」もあるよ!が温泉回の王道なのに・・。さくらの首が「ポロリ」だよ!。

今回はアイドルだけでなくちゃんと「ゾンビ」らしさ?も味わえた安心して観れる面白さ!。あっという間の30分でした。

ところで何でゾンビになったかはあんまり重要ではないのかな?。「日本では死んだら『火葬』にする」というセリフが今回出て来て、そう言えばそうだ!と思ったりしたんですけど・・。

今のところお話しの中では説明される気配がない。幸太郎は理由を「華麗にスルー!」していました。

 

何故ゾンビになったのか?、ちょっとした「お話しが展開する上での鍵」となるような気もします。

 

 

「ゾンビランドサガ」初のコラボ企業!?

twitterを見て初めて知ったのですが元ネタの久光製薬は佐賀の企業だったんですね!。これはコラボしたい!という番組スタッフからの振りなのかな?。サロンシップならぬ「サガンシップ」コラボで発売すれば売れそうな気も!?。

 

しばらくは活動資金を捻出するためのドサ周り営業回が続きそうですね。次回は一体「どこに行くつもり?」。来週が待ち遠しいゾンビランドサガでした。

 

「ライブシーン」は毎回登場するようです

おそらく営業周りの回が続くのでCGでのダンスシーンも毎回登場すると思われるんですが・・。おじさんは詳しくないのですがアイドルの衣装でこれは「アリ」なのかな?。Tシャツにミニスカートの衣装、ローカルアイドル「あるあるネタ」なんでしょうか。

逆にCGでの作画が難しそうにも思えるんですけど・・。

 

 

 

 

「ゾンビランドサガ」  スタッフ

原 作 広報広聴課ゾンビ係
監 督 境 宗久
シリーズ構成 村越 繁
キャラクターデザイン 深川 可純
美術監督 小倉 一男
撮影監督 柳田 貴志
色彩設計 佐々木 梓
編 集 後藤 正浩
音 楽 高梨 康治
音楽制作 エイベックス・ピクチャーズ
音響監督 境 宗久
音響制作 dugout
アニメーション制作 MAPPA

 

CAST声優

巽 幸太郎:宮野 真守
源 さくら:本渡 楓
二階堂 サキ:田野 アサミ
水野 愛:種田 梨沙
紺野 純子:河瀬 茉希
ゆうぎり:衣川 里佳
星川 リリィ:田中 美海
山田 たえ:  ?
警察官A:吉野 裕行
ロメロ:高戸 靖

 

 

『ゾンビランドサガ』 ブルーレイ予約開始

【商品概要】
■発売日:2018/12/21(金)
■タイトル:ゾンビランドサガSAGA.1
■収録話数:第1話~第4話+特典映像
■永続特典:特典CD(ゾンビィソング2曲収録)
■初回仕様:キャラクターデザイン深川可純描き下ろし三方背ケース
■初回特典(封入):特製ブックレット

【商品概要】
■タイトル:ゾンビランドサガSAGA.2
■収録話数:本編各4話+特典映像 ※SAGA.2:第5話~第8話+特典映像
■永続特典:特典CD(ゾンビィソング2曲収録)
■初回仕様:キャラクターデザイン深川可純描き下ろし三方背ケース
■初回特典(封入):特製ブックレット

【商品概要】
■タイトル:ゾンビランドサガSAGA.3
■収録話数:本編各4話+特典映像 ※SAGA.3:第9話~第12話+特典映像
■永続特典:特典CD(ゾンビィソング2曲収録)
■初回仕様:キャラクターデザイン深川可純描き下ろし三方背ケース
■初回特典(封入):特製ブックレット

 

コミカライズ作品も公開中

 

 

 

ゾンビランドサガ オープニング・エンディングテーマ

 

 

 

2018秋アニメカテゴリの最新記事