『うちのメイドがウザすぎる!』第12話「うちのメイドとこれからも」視聴感想[ネタバレあり]

ミーシャとつばめ、お互いの「光」になると決意する・・一見らしくないが実に「ウザメイド」らしいとても感動した最終回でした!

・TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第12話「うちのメイドとこれからも」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

キャッキャウフフの「お泊り回」、穢れなき幼女たちと汚れ切った大人たちとの対比が可笑しい!…

ミーシャの母の空かずの部屋に入ってしまったみみかとゆい。それを隠すために部屋に入ったのは自分だと嘘をつくつばめでしたが、ミーシャは今までに見せた事がない表情で怒りを爆発させます・・。と、結構シリアスなシーンで終わった前回、そして予告でもつばめがメイドを辞め高梨家を去るが如くのナレーションが入っていましたが・・最終回のタイトルは「うちのメイドとこれからも」。いや、今まで通りかーい(笑)。

まあ作品のジャンル上、そして原作も連載が続いているのでそうは勿論ならないのですが・・。つばめはこれからも高梨家にいると思いますが、それとは別に最終回では彼女の諸々の事が明らかになりそう?。つばめの「何故?」で一番知りたいのは「どうして自衛官を辞めたのか?」。

1話冒頭のつばめが戦闘機に乗っているシーン、そしてキャンプの夜眠りに落ちそうなミーシャに話した「自衛官になった理由」。でも元上司であるみどりの話では、つばめはパイロットとして自衛隊に在籍していなかった?。これまで「変態マッスルメイド」としか主につばめの姿は描かれていないので、折角の機会だから良い見せ場が最後にあってもいいんじゃないのかな?・・と期待をしている「ウザメイド」最終回です。

・・それと出来ればなぜアイパッチをしているのかも知りたいですね(笑)。

第12話「うちのメイドとこれからも」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第12話 あらすじ

入ってはいけないと言われていたミーシャにとって大切な部屋に入ってしまった、わしわしとゆい。誰かが侵入したと知り、激昂したミーシャの前でつばめは「自分が入った」と2人をかばいます。中から鍵をかけ、部屋に閉じこもってしまったミーシャ。そこへ、連絡を受けた康弘が帰ってきました。他人が部屋に入る事をミーシャが拒む理由は・・・。(HP引用)

脚本:あおしまたかし 絵コンテ:太田雅彦、大隈孝晴 演出:大隈孝晴/作画監督:山崎淳、久保茉莉子、鈴木彩乃、伊澤珠美、立口徳孝、平塚知哉

アニメ視聴感想(第12話)※ネタばれ注意

・・恥ずかしいですが自然に涙が流れてしまった最終回。先に書いたつばめの過去もしっかりと描かれていて文句のつけようが無い・・。原作はまだ連載が続いているので最終回はアニメオリジナルのエピソードなのでしょうか?。

とてもいいですね?。原作コミックの巻末で作者の中村カンコさんが「ウザメイドはピュア百合」であるということを書いておられたのですが、今話はまさにそう。一見すると「ウザメイド」らしくないと感じる方がいるかもですが、二人の姿はとても澄んだ綺麗な「百合」。

お互いを照らす存在になるとミーシャとつばめの二人が決めた、曇りない「愛」に溢れた最終回でした。・・と、綺麗なままで終わらないのも「ウザメイド」(笑)。最後はいつも通りの「うちのメイドがウザすぎる~!」に戻ったミーシャとつばめでありました。

しかしつばめの重い過去を正面から描いていたのはちょっとビックリ。アイパッチにはそんな理由があったのですね・・。まだ観ていない方もいらっしゃると思うので今回はネタバレは「ここまで」で。見逃した方はBS11(土曜深夜)の放送や無料配信もありますのでウザメイドの最終回をぜひ楽しんでください!。

アニメ「ウザメイド」1話から12話(最終話)まで視聴を終えて

「うちのメイドがウザすぎる!」視聴しようと思ったきっかけは放送前に見た告知PVでした。ミーシャをはじめて見かけた時のつばめではないですが、「ズキューン!」と何かを打ち抜かれた感じ(笑)。そのPV中にあったつばめのセリフ、「白人美幼女に私の作ったフリフリのお洋服をとっかえひっかえ着せ替えて、キャッキャウフフする求人はありますか!?」。

そしてミーシャの「腹筋すげー!!」。これを聞いた時に感じた説明できない「もの凄い衝動感」すぐに原作コミックを電子書籍でポチッてしまったのでした。原作コミックを読んでみると・・いいじゃありませんか!!なんというか可愛い毒々しさ(笑)が楽しい。

そして始まったアニメの方は・・これまたいいじゃないですか!!(笑)。キャラクターの描き分けがしっかりとしていて、何よりも「動く!」。そして声もあっている、今では原作コミックを読む時はしっかりとアニメの声が脳内再生されます。その中で私がいいと思ったのは鵜飼みどり役のM・A・Oさんの演技ですね。

はたらく細胞の「好酸球」みたいに「成り切れないクールビューティ」系の演技が絶妙なのです。なのでアニメが始まって「みどりん」への私のポイントは上がったかな?。「みどり」はウザメイドには欠かせないもう一人の「主人公」です。

放送は終わってしまった「うちのメイドはウザすぎる!」ですが原作コミックはまだまだ連載中。アニメの方もきっと続編があるはずと期待して待ちたいですね!!。

・・OVAもみてね、ってブルーレイ買えってこと?。もー仕方ないなー(笑)。

 配信情報

dアニメストア・フジテレビオンデマンド・Hulu・U-NEXT・Amazon等で配信

 スタッフ・CAST

スタッフ
原作 – 中村カンコ
監督 – 太田雅彦
副監督 – 大隈孝晴
シリーズ構成 – あおしまたかし
キャラクターデザイン – 山崎淳
プロップデザイン – 松本恵
美術設定 – 中島美佳
美術監督 – 安田ゆかり
背景 – オリーブ
色彩設計 – 真壁源太
撮影監督 – 桒野貴文
編集 – 小野寺絵美
音響監督 – えびなやすのり
音楽 – 三澤康広
音楽制作 – KADOKAWA
アニメーション制作 – 動画工房
製作 – うちのメイドがウザすぎる!製作委員会
CAST声優
鴨居 つばめ(かもい つばめ)声 – 沼倉愛美
高梨 ミーシャ(たかなし ミーシャ)声 – 白石晴香
高梨 康弘(たかなし やすひろ)声 – 加藤将之
鵜飼 みどり(うかい みどり)声 – M・A・O
鷲崎 みみか(わしざき みみか)声 – 原田彩楓
森川 ゆい(もりかわ ゆい)声 – 井澤詩織