『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第5話「未元物質(ダークマター)」視聴感想[ネタバレあり]

『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第5話「未元物質(ダークマター)」視聴感想[ネタバレあり]

TVアニメ『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第五話視聴感想

 

前回のとある魔術の禁書目録Ⅲ

 

 

暗部内の反乱勃発、なぜか主要キャラ「一方通行」より浜面のほうが目立っている!?

 

 

久々に登場?したアイテムの面々にしれっと混じっている浜面、アイテムメンバーより出番が多いのはもちろん一方通行よりも目立っていたような・・。

とある魔術では浜面のおまけでアイテムが登場する感じなのかな?。反乱を起こした垣根提督率いる「スクール」戦はえらくあっさりというか、ほぼその描写はなく終了していました。

アイテムVSスクール戦といえば、

・・こいつ一体何だったの?。

 

誉望万化(YOBOU BANKA)

学園都市の暗部組織『スクール』の一員。特徴的なヘッドギアを身につけた少年。ギアには無数のプラグが挿し込まれており、ケーブルで腰の機械に接続されている。所有能力は大能力レベル4の『念動能力サイコキネシス』。ヘッドギアは各種情報分析、抽出に利用できるほか、その補助を受けることで念動力を応用し、発火や透明化、無音化などのさまざまな力を行使できる。(HP引用)

どんな能力なのかHPを見ないとわからないなんて・・(笑)。それと声優のキャスティングが「無い」んですけど先週だけでもう出番はないという事なんですかね?。

 

ちなみに彼女の名前は「心理定規(ハートメジャー)」、相手の心を操作する精神系能力者のようです。が、誉望万化のようにあまり出番はないのかも?。

先週から学園都市を舞台にした「科学サイド」のお話になっていますが、誰がメインというより「群像劇」としての描き方が強いのでしょうか。そのせいで個人的にはちょっとお話が難しく感じた、という先週の感想でした。

 

前回登場した「アイテム(Item)」とは?

 

 

麦野沈利率いる学園都市暗部組織の一つで、とある科学の超電磁砲S「第8話 Item(アイテム)」から登場。シスターズ計画を妨害する御坂美琴と対決します。

 

個人的に「フレンダ」との対戦が好きなんです。無能力者の彼女はトラップで美琴を追い詰めます。しかし「おっちょこちょい」さんのため美琴に負け、麦野もフレンダのミスで負けてしまうことに。

 

滅茶苦茶緊迫するクライマックスシーンだったのですが、フレンダの「背後霊」に大爆笑!。麦野大激怒の「アイテムVS御坂美琴」の結末でした。

前回の感想でも書いたのですが超電磁砲S「シスターズ編」は作画良し・お話良しの「能力バトルアニメ」の名作です。まだみていない方はぜひ一度視聴される事をおすすめします!。

 

 

 

 

とある魔術の禁書目録Ⅲ 放送情報 

AT-X 毎週金曜22:00  リピート放送:毎週日曜21:00/毎週月曜14:00/毎週木曜6:00
TOKYO MX  毎週金曜24:30 BS11 毎週金曜24:30 MBS 毎週土曜27:38

 

とある魔術の禁書目録Ⅲ 配信はこちら 

「とある魔術の禁書目録Ⅲ 」は以下のサービス等で配信


「とある魔術の禁書目録Ⅲ」 Abema TVで無料配信 

テレビ最新話放送の翌週木曜日に配信(期間は一週間で無料です)

 

 

第五話「未元物質(ダークマター)」視聴感想[ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5話「未元物質(ダークマター)」あらすじ

『アイテム』の追撃をかわし、親船暗殺の裏に隠された目的――『ピンセット』の奪取に成功した『スクール』。

その戦利品は学園都市7人の『超能力者』のひとりにして『スクール』を統べる、垣根帝督の手におさまっていた。

一方、さらなる情報を追って、衛星へのクラッキングを阻止しようとしていたアクセラレータたちに、『ブロック』に潜入していた海原からの連絡が入る。

自分たちの行動が彼らの思惑にのせられたものだったことに気付いたアクセラレータたちは、海原と合流し、『ブロック』の真の標的が結標であることを突き止める。

次に狙われるのは、彼女の弱点となる少年院に収容された仲間たち。そして、急行した彼らの前に、海原のかつての仲間、アステカの魔術師・ショチトルが現れ――。

脚本:金月龍之介 絵コンテ:於地紘仁 演出:小林孝志

やばい!何が起こっているのか分からない・・

 

もうお話の理解についていけない・・一体なにがおこっているの(笑)。暗部内組織の相関関係がわからない、そして最後のアステカの「魔術師」の少女に何が起こったのか分からない・・。

 

 

元々視聴に予備知識がかなり必要な作品だとは思っているんですがここまで来るとちょっとね。やはり原作小説は要既読済が視聴する最低条件になるかな。

でもアニメの「観方」は大体分かってきた。次回までにどういう事なのかしっかり「原作」を読んで復習したいと思います(笑)。

次週はまたアイテムが登場?、すでにフレンダはやられちゃってますけど・・。

 

 

「とある魔術の禁書目録Ⅲ 」  スタッフ

原作 鎌池和馬(電撃文庫刊)
キャラクター原案 はいむらきよたか
監督 錦織 博
シリーズ構成 吉野弘幸
キャラクターデザイン 田中雄一
美術監督 黒田友範
色彩設計 中村真衣 安藤智美
撮影監督 福世晋吾
編集 西山 茂(REAL-T)
音響監督 山口貴之
音楽 井内舞子
OPアーティスト 黒崎真音
EDアーティスト 井口裕香
アニメーション制作 J.C.STAFF

 

CAST声優

上条当麻 阿部 敦
インデックス 井口裕香
御坂美琴 佐藤利奈
アクセラレータ 岡本信彦
浜面仕上 日野 聡

 

 

「とある魔術の禁書目録Ⅲ 」ブルーレイ予約開始

【Amazon.co.jp限定特典】
Vol.1~Vol.8連動購入特典:
◆アニメ描き下ろし全巻収納BOX キャラクター:上条当麻、インデックス、御坂美琴
◆アニメ描き下ろしB2布ポスター キャラクター:インデックス、五和、吹寄制理 シュチエーション:女子更衣室
※特典は数に限りがございます。なくなり次第終了となります。
<初回版特典>
(1)原作者・鎌池和馬書き下ろし小説「とある科学の超電磁砲SS(3)」
(2)キャラクター原案・はいむらきよたか描き下ろしデジパック仕様
(3)特典CD「オリジナルサウンドトラック1」
(4)解説マニュアル(12P)

<映像特典>
特典アニメ、ノンテロップOP&ED

<音声特典>
オーディオコメンタリー1話分

収録:第1話~第3話(3話収録)

 

 

とある魔術の禁書目録Ⅲ OP・ED

 

 とある魔術の禁書目録 原作小説はこちら 

 

 

原作コミックはこちら

 

 

2018秋アニメカテゴリの最新記事