2018年秋アニメ新番組『とある魔術の禁書目録Ⅲ』 第1話「混乱」 視聴感想[ネタバレあり]

2018年秋アニメ新番組『とある魔術の禁書目録Ⅲ』 第1話「混乱」 視聴感想[ネタバレあり]

TVアニメ 『とある魔術の禁書目録Ⅲ』  第一話視聴感想

 

 

2018年秋アニメ「とある魔術の禁書目録Ⅲ」元祖『異能力バトル』アニメ、待望の続編登場!

 

「とある魔術の禁書目録」上条当麻が幻想に満ちた「今のアニメ」をぶっ壊す?!

 

昨年続編である第三期テレビシリーズの製作発表があった「とある魔術の禁書目録」思っていたより早くお茶の間に登場です。が、正直なところこの手の作品はジャンルとして旬が過ぎている?のでは、いやそれどころか完全に終わっているのでは・・。

今のライトノベルのアニメ化で熱いのは「なろう転生」もの。それがいいかどうかは別にして(?)禁書のような作品は今の新しい視聴者にはすごくウケないような気がするんです。カッコよかった世界観を表現する難しい厨二ワードも今の若い視聴者には「寒い」し、お話しの内容を理解するのを難しくしているだけ。

でもそれを分かっていての続編アニメ化に、製作サイドのカッコよさを感じるんです。ビジネスとしては難しい戦いだが、あえてアニメとして完結する流れにもっていきたい・・。

でも現実の話、実現させるのはすごく難しいようです。

 

個人的に記憶に新しいのは「FULL METAL PANIC ! IV」です。前作アニメも面白く、間違いなく原作小説をスムーズに完結までアニメ化する流れだと思っていたのに・・放送が終了して今ではほぼ「空気」、悲しすぎる。

これ続編製作まで「時間が経ち過ぎて」しまったから、だと思います。コンテンツって「旬」があるので世の中の空気にマッチしていないと、新しい視聴者には支持されないと思うんですよね、たぶん。

マッチしていれば「続きが見たい!」というニーズも出てくるのでアニメ続編もスムーズに進むのですが・・。でも今の時代とマッチしていなくても上条ちゃんには(製作サイド?)今だからこそ「そんな幻想(現実)をぶっ壊してほしい」のです!。ホントに(なろう転生作品ばっかりではね)。

と、放送にあたって個人的に思うところを書いてみましたが、そんなに熱く語られても「そもそも『とある魔術の禁書目録』ってどんな作品なの?」という方も多いですよね。

でもさすがにストーリー全部を書きだすのは面倒くさくてアレなので(オイ!)、前期「とある魔術の禁書目録Ⅱ」がどんな最終回だったかだけ、ちょっと振り返ってみたいと思います。

 

「とある魔術の禁書目録」主人公の『上条当麻』さんはこんな人だ!

上条当麻 声:阿部 敦

学園都市の「とある」高校に通う、ごく普通の高校生。「無能力者レベル0」で学校の成績も赤点レベルだが、危機に際する高い判断力や決断力を持っている。
すべての異能の力を打ち消す『幻想殺しイマジンブレイカー』を右手に宿しているため、幸運すら逃してしまう不幸体質でもある。
困っている人を放っておけず、身内のためには我が身を顧みないほどの正義感を発揮するため、いざこざに巻き込まれることも多く、相当な修羅場を潜り抜けており、見た目以上にケンカ慣れしている。

 

 

「とある魔術Ⅱ」はこんな終わり方でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第24話[最終回]「武装集団(スキルアウト)」あらすじ

緊迫する世界情勢の中、学園都市を襲った『脅威』。それは酔っ払った御坂美鈴による『無差別テロ』だった・・・・・・!?。学園都市最強の能力者、タクシー運転手、上条当麻と、被害は拡大を続ける。そして一方通行のもとにもたらされた、学園都市の『上』からの、とある情報。命の危機に直面した御坂美鈴を巡る戦いが、今始まろうとしていた・・。(ブルーレイ第8巻から引用)

テレビで見た人は最終回の「あらすじ」おぼえていますか、放送は約7年前になりますがどうでしょうか?。再放送もAT-Xでしかやっていなかった(たぶん)と思いますので大まかな内容すら忘れている方がほとんどなのかな。

それにしても「次は一体どうなるの?」という続きが気になるすごく「区切りが悪い」終わり方でした・・。とりあえず「終わり」という最終回らしさがなかった。それがあったからとりあえず「劇場版」で格好がつく区切りを作ったのかも。

 

ただし劇場版は24話の続きというわけではないんですよね。やっと今夜「続き」が見れます!。でも前期のラストカット、病院のベッドと上条さんの「不幸だーッ!!」で締められていたので、そういう意味ではとりあえずちゃんと「終わっていた」のかも、です(笑)。

※ちょっと知っているふうに書いていますが私は「とあるシリーズ」、リアルタイムでは観ていません(笑)。作品を知ったのはけっこう最近、そんなに難しい事は語れない・・(熱烈なファンの方ごめんなさい!)でも配信で全話視聴済、そしてなぜか「Ⅱ」はブルーレイ単巻で所有済です。

 

 

「とある魔術の禁書目録」放送告知動画

とある魔術の禁書目録Ⅲ 放送情報 

AT-X 10月5日(金)22:00  リピート放送:毎週(日)21:00/毎週(月)14:00/毎週(木)6:00
TOKYO MX  10月5日(金)24:30 BS11 10月5日(金)24:30 MBS 10月6日(土)27:38

 

 

とある魔術の禁書目録Ⅲ 配信はこちら 

「とある魔術の禁書目録Ⅲ 」は以下のサービス等で配信予定です


 

 

 

第一話 「混乱」視聴感想[ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話「混乱」あらすじ

夏の終わりに起こった、何者かによる学園都市への大規模な襲撃。外部の宗教組織による犯行と発表されたこの事件に端を発し、欧米のローマ正教圏では、学園都市に対する反発が高まっていた。

各地で頻発し、過激さを増していくデモ活動。そんな状況をあおるかのように、学園都市では迎撃兵器ショーが開催され、両者の緊張はいや増していた。

緊迫した世界情勢の中、学園都市のとある高校でも激しい戦いが繰り広げられていた。『クラスの三バカ』上条・土御門・青髪ピアスによるバニーガール最強論――男たちの真実を求める戦いに、鉄壁の女・吹寄を巻き込んで白熱する論戦は、罰当番の宣告によって終わりを告げる。

しかし、そんな平和な日常風景の裏側で、事態は着々と動いており――。

脚本:吉野弘幸 絵コンテ:錦織 博 演出:野上良之

 

 

上条さん、再登場でいきなりの「不幸だーっつ!!」

 

 

 

 

超久々の「不幸だーっ」のセリフに思わず涙、そして上条さんを襲う信じられない「ラッキースケベ」の嵐!!。もうこれだけで十分です(笑)。が、Bパートからはいきなりの展開。舞台は学園都市からフランスへ。

 

久々の放送で冒頭は今までの説明が親切、先に書いた話ではないですが「どんなストーリーだったっけ?」と言う方もなんとなく雰囲気は思い出したはず。

今回視聴しての感想は

懐かしい全主要キャラ「オールスター」が再登場のサービスが嬉しい。でも一方通行はいませんでした

・本当に続編を観ているよう(笑)、その当たり前が出来ることに逆に感動

ちょっと時間が空いたのでキャラクターのビジュアルもちょっと変化があるのかな?、と思っていたらビックリするくらい「無い」(笑)。美琴・初春・黒子、そしてインデックスも昔のまま(等身はちょっと低くなったのかな?)。これって逆に大変じゃないかな?と思いながらの視聴でした。

ただやっぱり「科学対魔術」の勢力関係や今の世界情勢が上条さんに関係しているかなど、ちょっと理解が難しいところもあったのでは?。私は土御門がなぜ撃ったのかの説明がよく分からなかった・・。

 

次週また懐かしい面子との出会いがありそう。そして最後の締めのセリフは「科学と魔術が交差するとき物語は始まる」ですよね。

 

 

 

 

「とある魔術の禁書目録Ⅲ 」  スタッフ

原作 鎌池和馬(電撃文庫刊)
キャラクター原案 はいむらきよたか
監督 錦織 博
シリーズ構成 吉野弘幸
キャラクターデザイン 田中雄一
美術監督 黒田友範
色彩設計 中村真衣 安藤智美
撮影監督 福世晋吾
編集 西山 茂(REAL-T)
音響監督 山口貴之
音楽 井内舞子
OPアーティスト 黒崎真音
EDアーティスト 井口裕香
アニメーション制作 J.C.STAFF

 

CAST声優

上条当麻 阿部 敦
インデックス 井口裕香
御坂美琴 佐藤利奈
アクセラレータ 岡本信彦
浜面仕上 日野 聡

 

 

「とある魔術の禁書目録Ⅲ 」ブルーレイ予約開始

今のアニメはBOX売りが主流(円盤氷河期)なんですが、なんと強気な「全8巻」売り!。いいぞもっとやれ!!、第一巻は2018年12月26日発売予定です。

【Amazon.co.jp限定特典】
Vol.1~Vol.8連動購入特典:
◆アニメ描き下ろし全巻収納BOX キャラクター:上条当麻、インデックス、御坂美琴
◆アニメ描き下ろしB2布ポスター キャラクター:インデックス、五和、吹寄制理 シュチエーション:女子更衣室
※特典は数に限りがございます。なくなり次第終了となります。
<初回版特典>
(1)原作者・鎌池和馬書き下ろし小説「とある科学の超電磁砲SS(3)」
(2)キャラクター原案・はいむらきよたか描き下ろしデジパック仕様
(3)特典CD「オリジナルサウンドトラック1」
(4)解説マニュアル(12P)

<映像特典>
特典アニメ、ノンテロップOP&ED

<音声特典>
オーディオコメンタリー1話分

収録:第1話~第3話(3話収録)

とある魔術の禁書目録Ⅲ オープニング・エンディングテーマ

 

 

 原作小説はこちら 

原作小説は未読なのですが、おそらく原作14巻からが「テレビアニメ三期」のエピソードになると思います(違ったらゴメンササイ・・)。

 

 

2018秋アニメカテゴリの最新記事