2018年秋アニメ新番組『ソードアート・オンライン アリシゼーション』第1話「アンダーワールド」視聴感想[ネタバレあり]

2018年秋アニメ新番組『ソードアート・オンライン アリシゼーション』第1話「アンダーワールド」視聴感想[ネタバレあり]

TVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』第一話視聴感想

 

 

2018年秋アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」世界中で人気のアニメ、その新章がスタート

 

元祖VRゲームアニメ「ソードアート・オンライン」キリトの新しいゲームがまた始まる!

ヴァーチャルリアリティ世界を舞台にしたアニメ作品「ソードアートオンライン」、このジャンルの作品の草分けですよね。ところで今年公開されたアメリカの映画「レディ・プレイヤー1」はご覧になられましたでしょうか?。

 

世界的に知名度があるSAOの影響を絶対に受けているはず、まあ他の日本のコンテンツ作品も総出演ではありましたが・・。レディ・プレイヤー1については詳しく書きませんがこの映画が大ヒットしたのはご存知のとおりです。

でも逆に言うとこのジャンルは世の中に周知されすぎて、今や「超オワコン」であるかもという部分は拭い切れないんじゃないかと思うんです。ここをどう突破していくのか個人的にすごく楽しみにしているんですよね。そうしないとキリトの強い姿をただ見るだけの作品になってしまうと思うんです。

 

マイナスイメージ『イキリト』の壁をどう突破する?

 

 

そういえば劇場版もそれを意識してかVRからAR(現実拡張)ゲームへとその舞台を移していました。製作サイドもオリジナルとしての存在感は結構気にしているのかな?(映画版の脚本は新規書きおろしです)。

そして一番の問題は・・先に書いたとおり、キリトが強すぎてそれがお話しを「つまらなく」しているという所があるんですよね。もう見なくても展開が分かりすぎるというか、強すぎるキリト自体が寒い存在(ギャグ)になってしまっているというか・・。

 

「イキリト」なんていう言葉が出来たりと彼のキャラクターの最大の特徴であるゲーム世界の中での強さが、作品にはもう「マイナス」にしかはたらいてないんですよね。そこをどうするかが「アリシゼーション」が面白くなるかどうかのカギだと思います。

まあ、でも「キリトさんカッケー!」の無双もそれはそれで楽しめるテンプレではあるんですけどね(笑)。とにかく「どう作ればいいのか」がすごく難しそう。でもそれだけに何か新しいSAOが始まるのかも、と期待に胸が膨らむところでもあるんです。

イキリトでいくのか、それともまた新しい別「キリト」が描かれるのか・・SAOの新章に超期待です!!。

 

【おまけ】これが「イキリト」です

SAOのキリトさんの比類なき強さに憧れた悲しき「厨二病」の一種です。一時期SNSで拡散されネット上の話題を席巻、その病は潜在的にこの世界に蔓延しようとしています。感染したら最後、痛々しい深い傷を残すことに・・。twitterは仮想世界ではなく「現実世界」です。その発言には十分に注意しましょう!。

 

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」 予告PV動画

 

 

ソードアート・オンライン アリシゼーション 放送情報 

TOKYO MX 2018年10月6日より 毎週土曜24:00 とちぎテレビ 2018年10月6日より 毎週土曜24:00 群馬テレビ 2018年10月6日より 毎週土曜24:00 

BS11 2018年10月6日より 毎週土曜24:00 MBS 2018年10月6日より 毎週土曜27:08 【10/6(土)放送 第1話】28:03~(55分押し) 

テレビ愛知 2018年10月8日より 毎週月曜26:05 AT-X 2018年10月8日より 毎週月曜22:30 

Abema TV 2018年10月6日より 毎週土曜24:00(地上波同時配信)

 

 

 ソードアート・オンライン アリシゼーション 配信はこちら 

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」は以下のサービス等で配信予定です






 

 

第一話 「アンダーワールド」視聴感想[ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《ルーリッドの村》で育った少年・キリトは、幼馴染のユージオとともに巨大な黒樹・ギガスシダーを倒すという天職を背負っていた。今日も巨木を倒すべく斧を振るっていると、幼馴染のアリスが手作りのパイを差し入れにやってくる。

昼食のさなか、3人はおとぎ話にでてきた《果ての山脈》の洞窟へと遠出することを決める。世界の掟である禁忌目録に違反しないか不安がるユージオに、キリトとアリスは大丈夫だと口々に言い、出発の日を迎える。(公式HP引用)

脚本:木澤行人 演出:小野 学、飛田 剛 総作画監督:鈴木 豪、西口智也 作画監督:伊藤公規、山田有慶、徳岡紘平、三股浩史、中田知里、鄭泳 勲、足立慎吾

 

 

状況不明で始まった「アリシゼーション編」、そしてキリトはデスガンの前に倒れる!?

 

 

 

 

いきなり中世風の世界の中で、幼い少年の姿のキリトが登場。しかし何が起こっているのか観ていてさっぱり分からない・・(笑)。途中でキリトの目が覚め、それは仮想世界の出来事であることは分かったのですが、目覚めた後その記憶は思い出せないことになっている?という・・。

そして新キャラクター「アリス」、「ユージオ」も生きている人間(プレイヤー)っぽくない?(ユナみたいなかんじなのかな)。

とにかくすべてが謎ではじまった第一話、「キリトさん強えー」もなくある意味地味かも。この一話でイキリト信者君たちは離れていったかもしれないですね(笑)。

一話を観た感想は

・結構「画」が作り込まれている、4Kテレビでの視聴や将来的に4K配信やUHDブルーレイの販売を意識している?

・劇場版のラストはこれに繋がるためだったのか、と思いだす。ユナもまた登場するのかな

・短かったがGGOでのキリトチーム総登場のバトルが嬉しかった(直葉やユイはいませんでしたが)。GGO最高!

・そしてスピンオフの「ガンゲイルオンライン」もこんな作画で観たいなーと、レンちゃんやフカ次郎のことを思い出して少し「涙」

・新しく登場した用語がさっぱり頭に入ってこなかった・・詰め込んでいくのに時間かかりそう

・キリトさん、動揺してありもしない剣を抜こうとする姿に「ゲームのしすぎだよ!!」と即ツッコみ

・っていうかキリト「死んだ!?」

「一体どういうことなんです?」で終わった1時間、いやー放送時間が長いと深夜ということもあって集中力が途絶えちゃいますね(笑)。

「画が作り込まれている」というのは作画というよりはそのディティール。作画はもちろん素晴らしいのですが「高画質」という意味ですね。

 

 

 

「色や線」に4Kや8Kでの視聴を視野に入れた「次世代のアニメ」というのを感じました。だから「アリシゼーション」はスマホやタブレット・PCで見るのはもったいない、漢ならだまって「4Kテレビ一択」です!(持ってないけどね・・)。

それからあんまり関係ないけどガンゲイルオンラインの「二期」はどうなってるんですかねー。「ピンクの悪魔」のこともたまには思い出して・・。

 

 

「アリシゼーション」は海外SF映画の影響を受けている?

レディー・プレイヤー1のことを先に書きましたが放送を観ている途中、ふと思い出したのはレオナルド・ディカプリオ主演のアメリカ映画「インセプション」です。

 

かなり前に観た映画なのでうろ覚えでザックリとしすぎた書きかたの説明になりますが、他人の夢に侵入して記憶を操作(盗む?だったかな)するというストーリーだったと思います。その中で今話のキリトのセリフにあった「夢の中での時間は長い」という設定がインセプションでも登場したのです(違っていたらスイマセン)。

 

それに「現実と見分けがつかない世界」というのは同じくアメリカ映画の「マトリックス」からきているのかな?

 

元々SAOはマトリックスに大きな影響を受けている作品だと思うのですが、その原点に立ち返ったのが今回のシリーズなのかもしれません。でもキリトさん死んじゃった・・死んだら仮想世界にログインできなくてお話しも終わっちゃうけど・・(死んでねーよ!たぶん)。

 

 

何もかもが次回を待たないと分からないまま終わった今回、「キリトさん強えー」どころじゃなくいきなり「THE END・GAME OVER」のスタートでしたが、来週は・・。死んだと思っていたキリトがなんと「生き返る?!」(デスガンだけに)。

※【追記】第一話放送日10月7日はキリトこと「桐ヶ谷和人」の誕生日。なのにバースデープレゼントが「毒」なんて・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」  スタッフ

原作 川原 礫(「電撃文庫」刊) 原作イラスト・キャラクターデザイン原案 abec

監督 小野 学 助監督 佐久間貴史

キャラクターデザイン 足立慎吾 鈴木 豪 西口智也 総作画監督 鈴木 豪 西口智也

プロップデザイン 早川麻美 伊藤公規 モンスターデザイン 河野敏弥

アクション作画監督 菅野芳弘 竹内哲也 美術監督 小川友佳子 渡辺佳人

美術設定 森岡賢一 谷内優穂 色彩設計 中野尚美

CG監督 雲藤隆太 撮影監督 脇 顯太朗 林 賢太

モーショングラフィックス 大城丈宗 編集 近藤勇二

音響監督 岩浪美和 効果 小山恭正 音響制作 ソニルード

音楽 梶浦由記

プロデュース EGG FIRM ストレートエッジ

制作 A-1 Pictures 製作 SAO-A Project

 

CAST声優

キリト 松岡禎丞 アスナ 戸松 遥

アリス 茅野愛衣 ユージオ 島﨑信長

 

 

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」ブルーレイ予約開始

3話収録:第1話、2話、3話

【完全生産限定版特典】
・原作者:川原 礫書き下ろし新作短編小説
・キャラクターデザイン・総作画監督:鈴木 豪描き下ろしジャケット仕様
・特製ブックレット(12P)
・特典CD(キャラクターソング収録)
・映像特典:PV・CM集
・オーディオコメンタリー収録

※現在リリースが分かっているのは「全8巻24話」です

 

 原作小説はこちら 

 

コミックはこちら

 

 

ソードアート・オンライン アリシゼーション オープニング・エンディングテーマ

オープニングはLISAの「ADAMAS」、エンディングは藍井エイルの「アイリス」です。