『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』第24話「ノトーリアス・B・I・G(ビッグ)」感想【ネタバレあり】

自動攻撃型スタンド「ノトーリアス・B・I・G(ビッグ)」登場、本体なきスタンドにトリッシュはどう立ち向かう!?

・TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』第24話「ノトーリアス・B・I・G(ビッグ)」視聴感想・作品情報等を書いています。作品を楽しむ為の参考にしていただければ嬉しいです。

前回のお話(第23話)

ギリギリの駆け引きで「スクアーロ&ティッツァーノ」の親衛隊コンビに勝利したナランチャとジョルノ。五部はブチャラティ側と敵側の「フィフティー ・フィフティー」の戦いに思わず見入ってしまいます。どちらが勝つか分からない(もちろん主人公側が勝つのでしょうが)状況に引き込まれてしまうお話し作りが上手いです。

「スタンド能力で勝敗が決することはない」あくまでスタンドは「抗争」のための道具として描かれているのが五部の展開が熱い理由だと思います。

 

前回の感想

関連記事

『ボラーレヴィーア!!』ナランチャ単独で「スクアーロ&ティッツァーノ」コンビに勝利!!、それにしても「近すぎる」二人でした(笑)。 ・TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』第23話「クラッシュとトーキング・ヘッド」視聴感想・作[…]


ティッツァーノの「トーキング・ヘッド」元ネタ(?)

トーキング・ヘッズ (Talking Heads) は、1974年に結成、1991年に解散したアメリカ合衆国のロックバンド。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第100位。トーキング・ヘッズは、ニューヨーク・パンクの拠点となったライブハウス「CBGB」出身のバンドで、1970年代半ばから1980年代後半にかけて活動した。メンバーは名門美術大学、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインの出身で「インテリバンド」と呼ばれることが多く、初期はパンク・バンドとされていたが、ボーカルのデヴィッド・バーンがアフロ・リズムに傾倒し、それを大胆に楽曲に取り入れるようになると、ポスト・パンクとされるようになった。


トーキング・ヘッドではなく「トーキング・ヘッズ」なのかな・・有名なミュージシャンやバンドで他に思い浮かぶものがなかったです。トーキング・ヘッズは80年代の活動が有名なので「五部」のネーミングの縛りからも外れているので違う可能性も大、違っていたら「スイマセン」です。

個人的な印象ですが、トーキング・ヘッズはシングルやアルバムではなくライブ映画「Stop Making Sence」などビジュアルが優先しているイメージ。この映画(?)、以前はNETFLIXで配信されていて、いずれ観ようと思っていたのですが・・思い出して確認してみたらもう配信してないみたい、ガックシ(泣)。

「 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」放送局情報
TOKYO MX 毎週金曜25:05
毎日放送 毎週金曜26:55
BS11 毎週金曜25:30
AbemaTV 毎週日曜24:00
アニマックス 毎週日曜 19:00

「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」 配信

dアニメストア、Hulu、U-NEXT、NETFLIX、アニメ放題、dTV、FOD等で配信

ジョースター家の血を引く者が背負う、忌まわしき宿命。それは、邪悪な者達と繰り広げてきた死闘の歴史。世代も国境も超えて、ジ…

 

第24話「ノトーリアス・B・I・G(ビッグ)」ストーリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第24話 あらすじ

スクアーロとティッツァーノを倒したブチャラティたちは、ボスの過去を探るためサルディニア島へ出発する。ジェット機を確保するためマルコ・ポーロ空港へ向かったところ、一人の不気味な男が近づいてきた。スタンドを発動しようとしたそのスタンド使いを、ミスタは攻撃される前に射殺。あまりのあっけなさに違和感を抱きながらも飛び立った一行だったが、ジェット機の中、ジョルノは戸棚から不審な物音を聞く……。(HP引用)

脚本:ふでやすかずゆき  絵コンテ:川畑 喬  演出:鈴木恭兵 総作画監督:石本峻一、田中春香  アクションディレクター:片山貴仁 作画監督:石本峻一、田中春香、豊田暁子、森田莉奈

アニメ視聴感想(第24話)※ネタバレあり

ビジネスジェットで移動中に敵スタンドからの攻撃。おそらくは空港でミスタが射殺した男のものですが急な奇襲でミスタ・ナランチャ、そしてジョルノまでが重傷を負う事に。ジョルノの咄嗟の行動でスタンド攻撃の危機は一旦過ぎたように思えたのですが・・。

「ノトーリアス・B・I・G」自動的に攻撃を行うこれは今までにない強敵!。先に書いたのですが「人対人」の戦いではないので駆け引きは通用しない・・密室の飛行機の中でトリッシュ(!)は敵スタンドと対決することになる!?。

OPではスタンドを繰り出していたトリッシュですがその隠された能力をいよいよ次週見せる事になりそうです。

本体がいないスタンドってその「ルール」的にはどうなんですっけ?。本体である人間を倒せばスタンド能力は消える、というのが大前提にあると思うので・・。第3部のアヌビス神なんかは本体の人はとっくの大昔に死んでたりしてましたが(笑)。

本体なしで活動できるということは倒すことが出来ない?という解釈も出来そうなんですが・・どうなるのかは来週の展開を待つとしましょう。

冷蔵庫を飛行機の外に捨てるシーン、切り取ってみるとみんな何だか楽しそう(笑)。この後にブチャラティがクールなセリフを決めるところがまたいいんです(笑)。

TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」  スタッフ・CAST
原作: 荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊)
総監督: 津田尚克 / 監督: 木村泰大・髙橋秀弥 /
シリーズ構成: 小林靖子 / キャラクターデザイン: 岸田隆宏 / 総作画監督: 石本峻一 /
スタンドデザイン・アクション作画監督: 片山貴仁 / プロップデザイン: 宝谷幸稔 /
美術設定: 滝れーき・長澤順子・青木薫 / 色彩設計: 佐藤裕子 /
美術監督: 吉原俊一郎・桐本裕美子 /
撮影監督: 山田和弘 / 編集: 廣瀬清志 / 音響監督: 岩浪美和 / 音楽: 菅野祐悟 /
アニメーション制作: david production
CAST声優
ジョルノ・ジョバァーナ:小野賢章
ブローノ・ブチャラティ:中村悠一
レオーネ・アバッキオ:諏訪部順一
グイード・ミスタ:鳥海浩輔
ナランチャ・ギルガ:山下大輝
パンナコッタ・フーゴ:榎木淳弥
トリッシュ・ウナ:千本木彩花

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』twitterまとめ等 (2019.3.29)




「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」商品情報 (2019.3.29)

ブルーレイ

         


第4巻商品内容
【Amazon.co.jp限定】オリジナル手ぬぐい付き

初回仕様版特典
・全巻購入特典:イベントDVD 応募券
・特製パッケージ
・ブックレット(28Pオールカラー)
商品仕様   
特別音声
大迫力! ゴゴゴゴゴ2.1ch
DTS-HD Master Audio音声仕様


オープニング・エンディングテーマ

    



サウンドトラック

 


 

原作コミック( Part5 黄金の風)