『ゴブリンスレイヤー』第12話(最終回)「ある冒険者の結末」視聴感想[ネタバレあり]

「俺は世界を救わない、ゴブリンを殺すだけだ・・」一人の青年が小鬼殺しから冒険者へと変わろうとする姿が描かれたラスト!、しかし・・またゴブリンが現れたら必ず彼は帰ってくる!!

・TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』第12話(最終回)「ある冒険者の結末」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

関連記事

Hi.アニ!

激闘!!農場の攻防戦、「肉の盾」の描写AT-Xでは「ほぼNG」でした!!…

第12話「ある冒険者の結末」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第12話 あらすじ

小鬼王(ゴブリンロード)率いるゴブリンの大軍勢と辺境の街にいる冒険者たちの戦いが始まった。敵の大群に立ち向かう妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶をはじめとしたギルドの仲間たち。しかし更なる強敵が冒険者たちに襲い掛かる。苛烈を極める戦闘の中、ゴブリンスレイヤーは一人、小鬼王の前に姿を現す…。(HP引用)

アニメ視聴感想(第12話)※ネタばれ注意

一体どんな結末になるのか不安でいっぱいだったのですが、終わってみれば大団円。ゴブリンスレイヤーが神官に請われてあっさり鉄兜を脱いでしまう場面で、今まで彼に近づこうとしなかったギルドの冒険者の面々が一斉に群がる場面が印象的。

ゴブリンスレイヤーが心を開いたことによって、これまで彼を取り巻いていた「日常」が変わった・・とても素敵なラストだと思います。彼がゴブリンからの呪縛から解放されたちょっと「らしくない」終わり方でもあったのですが・・そこはゴブスレ。

「ゴブリンがいる限り俺はいつでも戻ってくる!」という『俺たちの戦いはまだまだ続く』エンドの変化球的な終わりに思わずニヤリ。そう、これがいいんです!。何故なら彼は「ゴブリンスレイヤー」なのだから!!。

「ゴブリンスレイヤー」視聴を終えて

最初は「見るつもりもなかった」作品だったのですが、観てみないとやはり分からないもんですね・・。ネットの評判で「レ○プだヒャッハー!」と浮かれた「お祭りアニメ」だと思っていたのに、視聴を重ねるごとにはまり込んでしまいました(笑)。

ヒーローではなく「プロフェッショナル」として主人公を描いていたのがとても斬新。それがキャラクターの面白さにもつながっていて、他のラノベ系主人公とは大きく一線を画していたところですよね。そして素顔を決して見せないところ(笑)こんな主人公今までいなかった。でも最終回で結局「美男子」であることが明かされてしまった(笑)。

どんな主人公でも「実はイケメン」というところは絶対はずせないんでしょうかね・・。まあ、神官ちゃんが大喜びだったので「よし」としましょう(笑)。

原作は続いているのでいつか「アニメの続編」はある?、2018年秋アニメの中では作ろうと思えば「ネタはある」ので可能性は高いんじゃないかな、と思っています。そして個人的に秋アニメの中で一番「続編が観てみたい」作品でもあります!。またいつか「小鬼殺しと愉快な仲間達」に再会したいですね。

2020年に劇場作品「GOBLIN’S CROWN」公開!

 

「ゴブリンスレイヤー」グッズ・商品紹介(2018.12.30)

■「ゴブリンスレイヤー」関連商品

 原作小説
原作コミック
ブルーレイ

放送・配信情報

放送局
TOKYO MX 毎週土曜25:30
サンテレビ 毎週土曜25:30 BS11 毎週土曜25:30 

AT-X 毎週土曜24:30 リピート放送 毎週日曜 21:30 毎週火曜 16:30 毎週金曜 8:30
AbemaTV 毎週土曜25:30

配信


dアニメストア・U-NEXT・Amazon Prime Video・Netflix等で配信
1. ある冒険者たちの結末

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊)
キャラクター原案:神奈月昇
監督:尾崎隆晴
シリーズ構成・脚本:倉田英之
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:永吉隆志
音楽:末廣健一郎
オープニングテーマ:Mili「Rightfully」
エンディングテーマ:そらる「銀の祈誓」
アニメーション制作:WHITE FOX
CAST声優
ゴブリンスレイヤー:梅原裕一郎
女神官:小倉 唯
妖精弓手:東山奈央
牛飼娘:井口裕香
受付嬢:内田真礼
鉱人道士:中村悠一
蜥蜴僧侶:杉田智和
魔女:日笠陽子
槍使い:松岡禎丞