『ゴブリンスレイヤー』第10話「まどろみの中で」視聴感想[ネタバレあり]

『ゴブリンスレイヤー』第10話「まどろみの中で」視聴感想[ネタバレあり]

【前話振り返り】格好いいゴブリンスレイヤーの去り際に「剣の乙女」メロメロ!?



水の都編が完結した前回、振り返ってみてちょっと解釈が難しかったのが、「剣の乙女は何がしたかった?」。文字に書き起こそうとすると結構難しいですね・・。

「分かってもらいたかっただけ・・」今でもゴブリンに襲われた過去のトラウマを引きずっている剣の乙女。ただの一人の女性である自分を助けてくれる白馬の王子の出現を願って地下迷宮の出来事を隠蔽していた。

 

いくら強くても夢の中に出てくるゴブリンからまでは逃れられない。トラウマから解放されたかった剣の乙女の「心の叫び」がゴブリン騒動の発端となった、という解釈であっていますか?(笑)。

アニメはセリフだけでその心情を理解しないといけないので、はじめから文章になっている原作小説だともっと分かりすかったのかもしれません(私はまだ未読)。

ゴブリンスレイヤーの夢の中でも「・・ゴブリンが出たらなら俺を呼べ」の去り際のセリフ。不器用さに隠した男の器の大きさが格好いいですね!。これには剣の乙女も完全に「惚れるしかないでしょう!」の前回のゴブスレでした。

 

※前々話のこのシーン、ゴブリンから自分を救ってくれる夢みていた?「白馬の王子」の出現にこんなになっちゃった♡、という事?。なんでこんなに発情しているのか謎だったのです(笑)。

 

 

twitterまとめ等


 

前回の感想記事

 

 

 

ゴブリンスレイヤー(Goblin Slayer)とは

『ゴブリンスレイヤー』(GOBLIN SLAYER!)は蝸牛くもによる日本のオンライン小説およびライトノベル。文庫版はGA文庫(SBクリエイティブ)より2016年2月から刊行され、イラストは神奈月昇。略称は「ゴブスレ」。

元はWEB作品(いわゆるやる夫スレ、下記「AA作品版」参照)でAA(アスキーアート)と組み合せて公開されていた作品であり、これを同作者がオリジナルの一般小説として作り直し投稿した作品が文庫として商業化したものである。

 

 

アニメ第10話「まどろみの中で」(ストーリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

辺境の街まで帰ってきたゴブリンスレイヤー一行。世界は勇者が魔神王を打ち倒したという知らせを受け祝賀ムードになっていた。ゴブリンスレイヤーも一見いつもと変わらない淡々とした生活を送り始める。
しかし彼もまた、仲間たちとの交流を通して少しずつ心情に変化が生まれはじめていた。(HP引用)



 

【アニメ感想】素顔の「ゴブリンスレイヤー」、そして平和な日常のループが終わりそうな予感・・

ゴブリン退治が終わり街に帰ってきたゴブリンスレイヤーですが、なんだか今までにあった「日常回」とはちょっと雰囲気が違う・・。

冒頭のいつもは兜をつけているゴブリンスレイヤーが、素顔(といっても見えませんが)になっているシーンだったり・・。これから何かが起きる大きなフラグが立った感じ。

最後にたぶんゴブリンに踏み荒らされたと思われる跡が映される場面で終わりましたが、その足跡が結構な数の様子。・・ゴブリンスレイヤー死なないですよね!?(笑)。

劇中にあった牛飼い娘の「こんな日々はいつまでも続かない。その時どうすればいいのか・・」というセリフ。この先の展開をどうしても勝っ手に読んでしまうのですが・・って原作はまだ続いているのでたぶん大丈夫なのかな?。

それから「ゴブスレガールズ全員集合」みたいな場面がありましたが、こちらも「いつまでも」というわけにはいかなそう。なんだかそれぞれの動向をちょっとだけ気にしているみたい。

こういう描写があるという事はいずれは誰かと、というところも描かれるのかな。今のところみんなで集まって「ほのぼの」な雰囲気ではありますが「女の戦い」勝者は誰になる?(笑)。

 

エルフはどうなんでしょうね・・前回はゴブリンスレイヤーに蹴りを入れていましたが(笑)。

そういえばゴブリンスレイヤーはどんな顔なんでしょう?。ゴブスレガールズが群がるところを見ると結構イケメン?。劇中で描写がないだけでガールズはゴブリンスレイヤーの素顔を全員知っている?。

 

少なくとも「神官ちゃん・剣の乙女・牛飼娘(ひょっとしてエルフも)」は知っているんですよね・・この基本「イケメン」設定という部分は他のラノベ主人公と一緒なのかな(笑)。

でもあえて見せないことが他の作品の「主人公」とは違うというアピールになっていると思います(男は顔じゃない!)。

 

でも兜をかぶっていると表情(眼)が見えないので感情移入が難しいんですよね。剣の乙女の「目隠し」もそんな感じだった(笑)。

 

次回は総集編?


展開が結構気になっているのに来週は総集編みたいですね・・(泣)。制作が厳しくなってきている?。そういえばゴブスレのアニメを制作している「WHITE FOX」はシュタインズ・ゲートゼロでも総集編がありましたね。

何でしょうね?作画が悪くなってきているとか、総集編の予兆は全くなかったのですが・・。

 

美少女勇者チームは「実在」した!

美少女冒険者チームは酒場のヨタ話じゃなくて本当に「実在した!」ということでいいんでしょうか?。こんな都合いい冒険者たちはゴブスレの世界に合わないと思っていたのに(笑)。

しかしいつもながらド派手に強い。でも、カワイイけどゴブリンスレイヤーより強いということですよね・・なんか複雑な気分(笑)。ちょっとでいいからドラゴンだけじゃなくゴブリンも退治してほしい・・。

 

 

 

 

「ゴブリンスレイヤー」  スタッフ

原作:蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊)

キャラクター原案:神奈月昇

監督:尾崎隆晴

シリーズ構成・脚本:倉田英之

脚本:黒田洋介

キャラクターデザイン:永吉隆志

音楽:末廣健一郎

オープニングテーマ:Mili「Rightfully」

エンディングテーマ:そらる「銀の祈誓」

アニメーション制作:WHITE FOX

 

CAST声優

ゴブリンスレイヤー:梅原裕一郎

女神官:小倉 唯

妖精弓手:東山奈央

牛飼娘:井口裕香

受付嬢:内田真礼

鉱人道士:中村悠一

蜥蜴僧侶:杉田智和

魔女:日笠陽子

槍使い:松岡禎丞

 

放送情報

TOKYO MX 毎週土曜25:30 サンテレビ 毎週土曜25:30 BS11 毎週土曜25:30 

AT-X 毎週土曜24:30 リピート放送 毎週日曜 21:30 毎週火曜 16:30 毎週金曜 8:30

AbemaTV 毎週土曜25:30

 

配信

「ゴブリンスレイヤー」以下のサイト等で配信





無料配信

Abema TVで無料配信中

テレビ最新話放送の同日に配信(放送終了後一週間無料)

 

「ゴブリンスレイヤー」商品情報

 

 原作小説

 

外伝小説

 

原作コミック

コミック最新刊は12月に発売です

 

外伝コミック

 

無料試し読みはこちら

 

ブルーレイ

【Amazon.co.jp限定特典】
・ビジュアルシート6枚セット

<収録内容>
第1話~第4話

<初回生産特典>
・原作・蝸牛くも先生書き下ろし小説
・キャラクター原案・神奈月昇先生描き下ろし三方背BOX
・キャラクターデザイン・永吉隆志描き下ろしデジトレイ
・特製ブックレット
・イベントチケット優先販売申込券

<映像特典>
・ノンクレジットOP・ED

<音声特典>
・オーディオコメンタリー

 

 

OP・EDテーマ

オープニングテーマはMiliの「Rightfully」、エンディングテーマはそらるの「銀の祈誓」です