gifbanner?sid=3363262&

『ゴブリンスレイヤー』第6話「水の街の小鬼殺し」視聴感想[ネタバレあり]

・TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』第6話「水の街の小鬼殺し」視聴感想・作品情報等を書いています。作品を楽しむ為の参考にしていただければ嬉しいです。

前回のお話し(第6話)

日常回でもゴブリンスレイヤーすげー!!、そしてゴブリンより虫が怖かった・・

遺跡でのゴブリン退治を終え、平穏なつかの間の日常が描かれたエピソード。しかしさすが「ゴブリンスレイヤー」女性にはモテモテ。そして昇級試験の立ち会いではネコババ冒険者を戦わずして相手の脳内で圧倒!。でもいくら何でも「モテモテ設定」は無理がありすぎるでしょう・・。

個人的には「虫」が駄目でした・・こんなのが生活エリア内?にいる事の方が、ある意味ゴブリンより危険です。

アベマTVでキャラクター総選挙開催!!

主要キャラクターから誰が一番人気があるか決める総選挙・・って全員ゴブリンかーい!(笑)。推しゴブリンにぜひ投票!、ちなみに私は耳ピアスの「ヤンキーゴブリン」かな(どこで登場したっけ?)。

 前回の感想

関連記事

・TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』第5話「冒険と日常と」視聴感想・作品情報等を書いています。作品を楽しむ為の参考にしていただければ嬉しいです。前回のお話し(第4話)ボスキャラ級オーガさえも「殺す」ゴブリンスレイヤー!、・[…]

gifbanner?sid=3363262&

【ストーリー】第六話「水の街の小鬼殺し」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6話 あらすじ

突如ゴブリンスレイヤー宛にゴブリン退治の依頼が届いた。その送り主はかつての魔神王を打ち倒した“剣の乙女”だった。ゴブリンスレイヤー、女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶の一行はさっそく水の街に向かう。風光明媚な水の街だが、昨今不審な事件が多発しているという。多くの人たちが暮らす街の地下には下水道が通っている。そこにゴブリンが潜んでいると睨んだゴブリンスレイヤーたちは、早速地下水路に侵入する。(HP引用)

アニメ視聴感想(第6話)※ネタばれ注意

地下水道でのゴブリン退治、しかしまたもや居住エリアに危険生物が!

水の都の「剣の乙女」よりゴブリン退治の依頼を受けた一行。街の治安がゴブリンによって悪化しているのにもかかわらず、軍はゴブリン退治に人を割く事が出来ず冒険者に頼るしかない状況とは・・。そして前回同様、ゴブリンより怖い生き物が地下水道には生息していました!!。

巨大ワニのほうがゴブリン退治より危険です(笑)。これってゴブリン退治に向かった勇者達って全員ワニに食われたんじゃ?。しかしちょっとしたツッコミどころがあったりはしましたけど安定して面白いですね!。あっという間の30分、そしてまたもやゴブリンを操る黒幕がいそう(笑)。

今回はスクロールもないみたいですし「ゴブリンスレイヤー強えー!!」とは簡単にいかなそうです。

■「ゴブリンスレイヤー」関連商品

 原作小説
原作コミック
ブルーレイ

関連商品検索

放送・配信情報

放送局
TOKYO MX 毎週土曜25:30
サンテレビ 毎週土曜25:30 BS11 毎週土曜25:30 

AT-X 毎週土曜24:30 リピート放送 毎週日曜 21:30 毎週火曜 16:30 毎週金曜 8:30
AbemaTV 毎週土曜25:30

配信

「ゴブリンスレイヤー」はdアニメストア・U-NEXT・Amazon Prime Video・Netflix・FOD・dTV・Hulu等で配信


無料配信

ABEMA

ゴブリンスレイヤー (アニメ)の動画を無料で見るならABEMAビデオ!今期アニメ(最新作)の見逃し配信から懐かしの名作ま…

※一部無料

 

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊)
キャラクター原案:神奈月昇
監督:尾崎隆晴
シリーズ構成・脚本:倉田英之
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:永吉隆志
音楽:末廣健一郎
オープニングテーマ:Mili「Rightfully」
エンディングテーマ:そらる「銀の祈誓」
アニメーション制作:WHITE FOX
CAST声優
ゴブリンスレイヤー:梅原裕一郎
女神官:小倉 唯
妖精弓手:東山奈央
牛飼娘:井口裕香
受付嬢:内田真礼
鉱人道士:中村悠一
蜥蜴僧侶:杉田智和
魔女:日笠陽子
槍使い:松岡禎丞 

 

 

広告