『ゴブリンスレイヤー』第2話「小鬼を殺すもの」視聴感想[ネタバレあり]

2018年10月31日

TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』  第二話感想

 

 

前回のゴブリンスレイヤー : 「ある冒険者たちの結末」

 

パーティーの惨劇!第一話は衝撃のバッドエンド

 

 

 

前週はなろう系小説のご都合展開をあざ笑っているようにも思えるリアルな「実質パーティー全滅エンド」で終わりました。とても一話の内容とは思えない!。というか一話以外でもないだろこんなの!、と思っていたのですがありました(笑)。

 

しかし一話のインパクトが大きかった分二話が霞んじゃうのでは・・秋アニメの話題として一発屋で終わりそうな気もするんですよね。そこの所どうするのかちょっと楽しみにしてます(でも何故かリアタイではないという・・)。

 

 

 

 

 ゴブリンスレイヤー  放送情報 

TOKYO MX 毎週(土)25:30 サンテレビ 毎週(土)25:30 BS11 毎週(土)25:30 

AT-X 毎週(土)24:30 リピート放送 毎週(日) 21:30 毎週(火) 16:30 毎週(金) 8:30

AbemaTV 毎週(土)25:30

「ゴブリンスレイヤー」以下のサイト等で配信





 

「ゴブリンスレイヤー」Abema TVで無料配信 

https://abema.tv/video/genre/animation

テレビ最新話放送の同日に配信(期間は一週間で無料です)

 

 

第二話「小鬼を殺すもの」視聴感想[ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第ニ話「小鬼を殺すもの」あらすじ

鎧を着た銀等級の男、ゴブリンスレイヤー。手段も選ばず、ただひたすらにゴブリンのみを退治し続けている彼は、辺境の街のギルドを利用する冒険者の多くから敬遠されていた。
ゴブリンスレイヤーに助けられて以来、一緒にゴブリン退治をしている女神官は、彼と行動を共にしていくうちに、ゴブリンスレイヤーの持つ信念や悩みを徐々に理解していく。(公式HP引用)

 

 

 

「ゴブリンスレイヤーの朝は早い・・」第二話は彼の日常風景を交えた説明回でした

 

 

センセーショナルな始まりでその話題をさらった秋アニメ話題作「ゴブリンスレイヤー」。それ故に二話がどうなるのかが意地が悪い意味で楽しみだったのです。一発屋的なホームランで失速していくんだろうな・・みたいな予想で。

しかし二話も中々魅せてくるお話しの作り方。説明回ではあったのですがどこか「ドキュメンタリー」チックなお話しの作りで「社畜の朝は早い・・」みたいな昔2chで流行った風な感じでゴブリンスレイヤーの日常や「何故あなたはゴブリンスレイヤーを続けているのですか?」的な切り口で彼の姿が描かれていました。

「ゴブリン狩りが今は楽しい」みたいな彼の語りが入るところで思わず大爆笑!、さすがゴブリン狩りのプロ!。

今回はリアリティを逆手にとったお遊びが楽しい回でとても楽しめました。でも、「じゃあ三話は一体どうするの?」みたいな事がまた気になる・・またまた来週も見ちゃいますね、たぶん。

原作は読んでいないのですがアニメと同じ構成になっているのかな?、だとすれば売れるはずです。いろんな切り口でお話しが書かれている所が世間の読者に支持されているのではないでしょうか。

 

ゴブリンスレイヤーどんな時も絶対に甲冑を取らず!

食事を摂る時さえも甲冑はおろか兜も脱ぎません!。口の部分だけパーツが外れそこからスープを飲んでいました。これでは大きい物は食べれない、そして兜が食べ物で汚れそう(笑)。何故とらないのかは幼少の頃ゴブリンから襲撃された体験で心が壊れてしまった・・くらいの説明でしたが、今後もう少し踏み込んだ説明はあるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

「ゴブリンスレイヤー」  スタッフ

原作:蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊)

キャラクター原案:神奈月昇

監督:尾崎隆晴

シリーズ構成・脚本:倉田英之

脚本:黒田洋介

キャラクターデザイン:永吉隆志

音楽:末廣健一郎

オープニングテーマ:Mili「Rightfully」

エンディングテーマ:そらる「銀の祈誓」

アニメーション制作:WHITE FOX

 

CAST声優

ゴブリンスレイヤー:梅原裕一郎

女神官:小倉 唯

妖精弓手:東山奈央

牛飼娘:井口裕香

受付嬢:内田真礼

鉱人道士:中村悠一

蜥蜴僧侶:杉田智和

魔女:日笠陽子

槍使い:松岡禎丞

 

 

ゴブリンスレイヤー  原作小説はこちら 

原作小説の最新刊は「第7巻」です

コミカライズはこちら

 

『ゴブリンスレイヤー』ブルーレイ予約開始

 

 

『ゴブリンスレイヤー』オープニング・エンディングテーマ

オープニングテーマはMiliの「Rightfully」、エンディングテーマはそらるの「銀の祈誓」です