『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』第8話「踊る!学園捜査線!」視聴感想[ネタバレあり]

2018年12月3日

TVアニメ 『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』第八話感想

 

前回の「ダグ&キリル」

 

相棒の仇に復讐の炎を燃やす「ダグ」、シリアスだけどダグキリらしいラスト!

 

 

かつての相棒を殺した「ジョー」が街に戻ってきた事を知り、いつもと違い熱くなって捜査を進めるダグに思わぬピンチが訪れます。正当防衛を装いジョーを撃ち復讐を遂げようとするダグでしたが、かつての相棒だった少女「パトリシア」がそうしたかのように銃が暴発し、彼は「警官のルール」を破らずに済んだのでした・・。

 

「貧困と格差」をこの世から無くしたいという以前のダグのセリフ、キリルをからかう冗談ではなく「伏線」だったのですね。いやー貼り方が上手すぎます!。そして見ていてすっかり騙されていた冒頭のダグの「墓参り」のシーン、これも最後に上手くつながっていて、とても気持ちの良い終わり方に「大満足!」です。

 

 

 

 

 

 DOUBLE DECKER! ダグ&キリル 放送情報 

TOKYO MX:毎週日曜 22:30 BS11:毎週火曜 24:00 MBS:毎週火曜 26:30

AbemaTV 毎週日曜22:30

 

 

 

 DOUBLE DECKER! ダグ&キリル 配信はこちら 

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」は以下のサービス等で配信




Huluでの視聴はこちらから
DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

※有料配信はテレビ放送の翌週放送分を先行配信!。1週間前倒しでダグキリが見れます。

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル 」GYAO!で無料配信 

※配信期間は「一週間のみ」最新話配信はテレビ放送同日配信です

 

 

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」とは

『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』(ダブルデッカー ダグアンドキリル)は、サンライズ制作による日本のテレビアニメ作品。2018年9月よりTOKYO MXほかにて放送。『TIGER & BUNNY』から続くアニメシリーズプロジェクト「バディシリーズ」のひとつとして制作される

 

第八話「踊る!学園捜査線!」視聴感想[ネタバレあり]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第八話「踊る!学園捜査線!」あらすじ

被害者全員が名門学園の生徒という連続通り魔事件が発生。マックス、ユリを中心としたSEVEN-O特殊犯捜査係の面々は、薬物セミナーを装い学園への潜入捜査を試みる。

 

苦くて切ないマックスの初恋、「脇道」回と思っていたら予想外の大当たり回でした!

 

 

連続して発生している「アンセム」絡みの通り魔事件、被害者はすべて同じ学校の生徒。学園祭のダンスパーティーが事件に関係ありそうなのですが・・。

途中までボクサーこと「マックス」を紹介するちょっとした寄り道回だと思いながら何となく見ていたのですが・・これはズルイ。見ていて思わず涙が滲んだマックスの初恋と失恋が描かれていました。いつもながらで申し訳ないのですが、今回も「ネタバレ」はなしで(笑)。しかしお話の作り方がいつもながら上手いですね。予想外の展開を「お笑い」だけにじゃなくちょっとジーンとする話にも持っていけるなんて。

失恋を味わった彼女は、好きな人のために自分を変え「強く」なります。どういう事かは実際にぜひご覧ください!。

 

 

切ない内容のお話でこのまま渋く「締める」のかな、と思っていたら最後はSEVEN-O全員でのダンスパーティーの展開がGOOD!。ダンスの途中、ユリが「なんで今もその髪型でいるの?」とマックスに問いかけたその答えがとても「大人」で素敵です。

 

 

 

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」  スタッフ

企画・原作 – サンライズ
監督 – 古田丈司
シリーズディレクター – 安藤良
シリーズ構成 – 鈴木智尋
メインキャラクターデザイン – 桂正和
アニメーションキャラクターデザイン – 板垣徳宏
ゲストキャラクターデザイン・プロップデザイン – 冨澤佳也乃
クリーチャーデザイン – 安藤賢司
デザインワークス – 小曽根正美
コンセプトデザイン – 兒玉陽平、安藤賢司
色彩設計 – 永井留美子
美術監督 – 水野雄介
美術監修 – 東潤一
CGディレクター – 伊藤樹
撮影監督 – 後藤春陽
編集 – 西村英一
音響監督 – 木村絵理子
音楽 – 林ゆうき
音楽プロデューサー – 山田智子
音楽制作 – サンライズ音楽出版
プロデューサー – 田村一彦
製作 – サンライズ、DD PARTNERS

 

CAST声優

ダグ・ビリンガム / ダグ 声 – 三上哲
キリル・ヴルーベリ / キリル 声 – 天﨑滉平
ディーナ・デル・リオ / ディーナ 声 – 早見沙織
ケイ・ロジュフォール / ケイ 声 – 安済知佳
キャサリン・ロシュフォール 声 – 安済知佳
マキシーン・シルヴァーストーン / マックス 声 – 大地葉
ユリ・フジシロ / ユリ 声 – 種﨑敦美
トラヴィス・マーフィー / トラヴィス 声 – 小山力也
ソフィー・ゲンズブール / ソフィー 声 – 遠藤綾
アップル・リバー / アップル 声 – 永塚拓馬

 

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」ブルーレイBOX予約中

【Amazon.co.jp限定特典】LPサイズ収納ケース[ディスク8枚収納](Blu-ray & DVD三方背ケースの桂正和描き下ろしイラストを使用)

 商品詳細 

【特典】
・SPECIAL CD(オーディオドラマ&キャストトーク)
・ブックレット
【映像特典】
・先行上映イベント映像
【音声特典】
・本編オーディオコメンタリー
【他、仕様】
・メインキャラクターデザイン桂正和描き下ろしイラスト使用三方背ケース
・アニメーションキャラクターデザイン板垣徳宏描き下ろしイラスト使用ジャケット

◎内容◎
【4話収録】

 

コミカライズ作品もWEB連載中

 

 

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル オープニングテーマ

エンディングテーマはビッケブランカの「Buntline Special」です。カッコイイ曲ですがシングルとしてのリリースは未定のようです(2018年10月15日現在)。

※アルバムには収録予定のようです

 

 

「大人のバンダイ」プレミアムバンダイよりフィギュアが発売 

 「プレミアムバンダイ」サイトは下のバナーから 


 

 

 ONKYOからはコラボヘッドフォン発売(完全受注生産) 

「ONKYO」サイトは下のバナーから