『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』第10話「はずれ刑事 純情派!」視聴感想[ネタバレあり]

2018年12月8日

【前回振り返り】ナレーションとは裏腹に「キリル」の夢が叶ったヒーロー大活躍回でした!

要人の娘の誘拐事件が発生し事件解決に協力するSEVEN-Oのメンバーたち。しかし、この誘拐劇は犯罪組織エスペランサが対AMS弾の情報を手に入れるため仕組まれた罠でダグは捜査の途中彼らに捕らわれてしまいます・・。茶化したナレーションとは裏腹にいつものミスリード(?)を誘うような演出もない直球アクション回、ただし最後にキリルにダグが助けてもらった礼を言うところだけはいつも通りだったかな(笑)。というわけでアクションの作画もいつもより力が入っていました。

 

そして思わぬ伏線だったキリルの祖父が残していた言葉「ドント・シンク・フィール・ソー・グッド」。以前ダグに「間違って覚えている」と指摘されていましたが、どうやら何かの意味がある文章の一節を切り取った物のようです。合い言葉か何か?でしょうか。キリルの兄だった姉(笑)「ミラ」とも関係ありそうなこの件、大きくお話の流れが変わりそうな予感です。

 

前話の最後のダグがキリルに言った言葉「おまえは俺のヒーローだ」。ダグの口から出てくるとは思えない言葉に思わず嬉しくなり思わず「うるっ」とくるキリル。観ている私もいつもと違う終わり方だけど「こういうのもいいじゃない!」とちょっとジーンとしたのですが、そこはやっぱりダグだった(笑)。直球回と思わせておいて最後の隠し球に騙された!、と思ったと同時に「これこそダグキリだよね」と変な安心感。さて今回はどんなお話になるのでしょうか。

 

 

 

 

前回の感想記事

 

 

 

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」とは

『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』(ダブルデッカー ダグアンドキリル)は、サンライズ制作による日本のテレビアニメ作品。2018年9月よりTOKYO MXほかにて放送。『TIGER & BUNNY』から続くアニメシリーズプロジェクト「バディシリーズ」のひとつとして制作される

 

 

第10話「はずれ刑事 純情派!」【STORY】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

誘拐事件で負傷したダグはしばらく病院で療養することになった。キリルは足繁く見舞いに訪れていたが、それは溜め込んでいた報告書をダグに書かせるためだった。



 

 

【感想】最後に涙流れる人情回、キリルは「はずれ」じゃなくて優秀でした!

前回の事件で負傷したダグの入院先の病院で、とある事をきっかけにキリルは一組の父子と出会います。そしてどうやらこの病院はアンセム絡みの事件の舞台となっている様子です・・。

ここしばらくのお話の流れ同様、今回も結構真面目な内容のエピソードとなっておりました。そして突然明かされた実はキリルは「優秀な頭脳」の持ち主という事実!。

 

 

SEVENーOの天才科学者アップルが認めた論文の作成者がキリルと分かりザワつく一同。しかしそれとは裏腹にユリがロボットであるという皆が知っている「公然の秘密」だという事に未だ気づかず、その秘密を隠そうとする「おバカ」なキリルでもありました(笑)。

そして「おバカ」といえば最後のウェディングドレス姿。普通「女装」といえば笑うべき所であるはずなのに、思わず「ジーン」としてしまう最後が相変わらずズルイ・・こんなの泣くしかないでしょう。

 

それにしてもなんと美しい(笑)。よく「女に間違われる」というキリルのキャラクターの設定を上手く使っていたお話の締めくくりでありました。

そういえば「女装」といえばキリルの姉(兄)であるミラ、どうやら女性の格好をしているのはLGBTだからとかではなく何か理由がありそうな感じ。来週もダグキリらしくない(?)シリアスな展開が繰り広げられそうです。

 

 

「HOEROチョコバー」露出しすぎです

 

前回までは「あれっ?今のそうなのかな」みたいな映り方だったのに、今回はガンガンに露出しています(笑)。

「探せ!」ってもう全然隠す気がありません(笑)。このチョコバー、キャラクターのステッカー入りで、アマゾンのレビューを見るとブラックサンダー系の味とのこと。ここまでガンガンに推されてくるとちょっと食べてみたいという興味に駆られます・・。

 

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」  スタッフ

企画・原作 – サンライズ
監督 – 古田丈司
シリーズディレクター – 安藤良
シリーズ構成 – 鈴木智尋
メインキャラクターデザイン – 桂正和
アニメーションキャラクターデザイン – 板垣徳宏
ゲストキャラクターデザイン・プロップデザイン – 冨澤佳也乃
クリーチャーデザイン – 安藤賢司
デザインワークス – 小曽根正美
コンセプトデザイン – 兒玉陽平、安藤賢司
色彩設計 – 永井留美子
美術監督 – 水野雄介
美術監修 – 東潤一
CGディレクター – 伊藤樹
撮影監督 – 後藤春陽
編集 – 西村英一
音響監督 – 木村絵理子
音楽 – 林ゆうき
音楽プロデューサー – 山田智子
音楽制作 – サンライズ音楽出版
プロデューサー – 田村一彦
製作 – サンライズ、DD PARTNERS

 

CAST声優

ダグ・ビリンガム / ダグ 声 – 三上哲
キリル・ヴルーベリ / キリル 声 – 天﨑滉平
ディーナ・デル・リオ / ディーナ 声 – 早見沙織
ケイ・ロジュフォール / ケイ 声 – 安済知佳
キャサリン・ロシュフォール 声 – 安済知佳
マキシーン・シルヴァーストーン / マックス 声 – 大地葉
ユリ・フジシロ / ユリ 声 – 種﨑敦美
トラヴィス・マーフィー / トラヴィス 声 – 小山力也
ソフィー・ゲンズブール / ソフィー 声 – 遠藤綾
アップル・リバー / アップル 声 – 永塚拓馬

 

 DOUBLE DECKER! ダグ&キリル 放送情報

TOKYO MX:毎週日曜 22:30 BS11:毎週火曜 24:00 MBS:毎週火曜 26:30 AbemaTV 毎週日曜22:30

 

配信

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」は以下のサービス等で配信




Huluでの視聴はこちらから
DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

※有料配信はテレビ放送の翌週放送分を先行配信!。1週間前倒しでダグキリが見れます。

無料配信

GYAO!で無料配信

※最新話配信はテレビ放送同日 放送終了後一週間配信

 

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」商品情報

ブルーレイBOX

【Amazon.co.jp限定特典】LPサイズ収納ケース[ディスク8枚収納](Blu-ray & DVD三方背ケースの桂正和描き下ろしイラストを使用)

 商品詳細 

【特典】
・SPECIAL CD(オーディオドラマ&キャストトーク)
・ブックレット
【映像特典】
・先行上映イベント映像
【音声特典】
・本編オーディオコメンタリー
【他、仕様】
・メインキャラクターデザイン桂正和描き下ろしイラスト使用三方背ケース
・アニメーションキャラクターデザイン板垣徳宏描き下ろしイラスト使用ジャケット

◎内容◎
【4話収録】

 

コミカライズ

 

 

オープニングテーマ

エンディングテーマはビッケブランカの「Buntline Special」です。カッコイイ曲ですがシングルとしてのリリースは未定のようです(2018年10月15日現在)。

※アルバムには収録予定のようです

 

 

「大人のバンダイ」プレミアムバンダイよりフィギュアが発売

 「プレミアムバンダイ」サイトは下のバナーから 


 

 

 ONKYOからはコラボヘッドフォン発売(完全受注生産) 

「ONKYO」サイトは下のバナーから

※予約注文で12月7日15:00まで受付です