『BANANA FISH』第24話(最終回)「ライ麦畑でつかまえて」視聴感想[ネタバレあり]

「僕の魂はいつも君と供にある」英二と出会えてアッシュの魂は解放されたと信じたい・・

・TVアニメ『BANANA FISH』第24話(最終回)「ライ麦畑でつかまえて」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回のお話し(第23話)

Hi.アニ!

【アニメ感想】ユエルンとブランカの過去が明らかに、そして英二とアッシュはこれが永久の別れになる?・・…

囚われのマックスやシンの仲間を助け出すためにブランカの協力を得て研究施設に乗り込むアッシュ。しかし交渉の切り札である人質のゴルツィネをあっさり銃で撃たれいきなり窮地にたたされて・・というところで終わった前回。

一体どうなるのか!?が気になる最終回の展開なのですが・・。

予告を見るとすでにもう「ありがとう・・アッシュ!」みたいな英二のアッシュとの別れを予感させるナレーションが。私は原作を読んでいないのですが、さすがにこれは・・最後が分かっちゃいます(笑)。

どんなラストが待っている?、できればアッシュの魂が救われるような最後であって欲しいと願いつつ最終回を観てみたいと思います・・。

第24話「ライ麦畑でつかまえて」【STORY】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第24話 あらすじ

ゴルツィネを人質に捕虜たちの解放を求めたアッシュだったが、フォックスの裏切りにより、アッシュはフォックスの手におちてしまう。ケイン、シン、ブランカはアッシュと捕虜を助けるために動き出す。英二は病院で日本への帰国を決めるが、アッシュのことが気掛かりで…。HP引用)

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:内海紘子、久木晃嗣 演出:内海紘子、徳土大介 総作画監督:林明美、山田歩

第24話 感想

大体の結末は予告から予想していたのですが・・おや?、アッシュ死なないじゃない!!。と油断してしまったのが悪かったのか、すっかり忘れていたラオから一突き。

「えーっ、嘘でしょ!?」ちょっと待ってよ!こんなとってつけたような展開!!(怒)。と一瞬思ってしまったのですが・・きっと、これでいいのかも。

一見するとバッドエンドかもしれませんが「二人の絆は永遠」という最後、これ以上ない幸せな終わり方なのかも。

自分を縛るあらゆる事から解放され、誰にも邪魔されず英二が待つ日本へと旅立っていったアッシュの魂。安らいだその顔にそっと「おやすみ」の言葉をかけたくなります・・。

すごく「残る」終わり方が良かった。最近の作品は都合良くお話が作られているので、見終わった後何も残らず忘れてしまうものが多い気がすると思うのですが、BANANA FISHはいつまでも残りそう。

原作が長い間支持されている人気作であるのも、何かを刻まれる様なこの終わり方にあるような気がします。

とはいえ、正直に言うとアッシュの死はしんどかった(笑)。本当の意味で幸せになって欲しかったしその資格がある主人公だった。もちろん死んで欲しくもなかった・・。

でもアッシュ以外のメンバーは結構ハッピーエンドであったかな。特にユエルンさまは(笑)。

初登場からユエルンが一番印象が変わったキャラのような気がします。しかしシンから守られることになるとはね・・。

そして守られキャラであるのは自分でもちょっと自覚していたみたい(笑)。

辛くはあったけど個人的には「大満足」のバナナフィッシュの最終回でした。でも木曜の夜がこれからはちょっと寂しくなるのかな・・。

アニメ「BANANA FISH」全24話視聴を終えて

80年代のテイスト満載のビジュアルに魅かれて視聴を始めたBANANA FISH。最初は「女子向けでたぶんBLものだけど、おじさんお話しついていけるかな?」と視聴していたのですが何と直ぐはまってしまった!。

アッシュと英二がくっ付いたり離れたりのある意味「メロドラマ」なんですけど、このパターンが意外に気持ち良いんですよね(笑)。

もう何度目だよ!!と思っていても飽きがこない。

アニメの評価としてはとにかく「クオリティが高かった」の一言ですね。キャラクターの線の多さ、80年代アニメのリスペクトでしょうか。

塗りでごまかしていない「本当のアニメ」といった感じ。女子向けの作品ですが「アニメの技術」の部分はそれに甘んじていない、と書くと女性差別になっちゃうかな?。

そしてキャラクターだけでなく美術背景にもこだわりを感じる作品でもありました。しかもこれでもクオリティに納得がいかずブルーレイの発売を延期する姿勢にはただ脱帽です。

どれだけ作品への愛が深いんだよ、と。

■「BANANA FISH」関連商品

ブルーレイ


原作コミック(復刻版)


関連書籍


キャラクターグッズ等


放送・配信情報

放送局
フジテレビ 毎週木曜 24:55~
関西テレビ 毎週木曜 25:55~
東海テレビ 毎週木曜 26:10~
秋田テレビ 毎週木曜 25:20~
岩手めんこいテレビ 毎週木曜 24:55~
仙台放送 毎週木曜 26:00~
さくらんぼテレビジョン 毎週木曜 24:55~
福島テレビ 毎週木曜 25:25~
新潟総合テレビ 毎週木曜 25:45~
テレビ静岡 毎週木曜 25:35~
テレビ新広島 毎週木曜 25:55~
テレビ愛媛 毎週木曜 25:30~
テレビ西日本 毎週木曜 25:55~
サガテレビ 毎週金曜 24:55~
テレビ熊本 毎週木曜 25:45~
鹿児島テレビ 毎週木曜 26:00~
長野放送 毎週木曜 25:30~
高知さんさんテレビ 毎週水曜 25:55~
山陰中央テレビ 毎週月曜 25:25~
北海道文化放送 毎週水曜 25:55~

配信

Amazon Prime Video ・FOD(FODプレミアム)・U-NEXT・dアニメストア・NETFLIX等で配信


スタッフ・キャスト

スタッフ
原作 – 吉田秋生
監督 – 内海紘子
シリーズ構成 – 瀬古浩司
キャラクターデザイン – 林明美
総作画監督 – 山田歩、鎌田晋平
ハードボイルド監修 – 久木晃嗣
色彩設計 – 鎌田千賀子
美術監督 – 水谷利春
撮影監督 – 淡輪雄介
編集 – 奥田浩史
音楽 – 大沢伸一
音響監督 – 山田陽
プロデューサー – 瓜生恭子
アニメーション制作 – MAPPA
CAST
アッシュ・リンクス 声:内田雄馬
奥村英二 声:野島健児
マックス・ロボ 声:平田広明
ディノ・F・ゴルツィネ 声:石塚運昇
ショーター・ウォン 声:古川慎
フレデリック・オーサー 声:細谷佳正
伊部俊一 声:川田紳司
李月龍 声:福山潤
シン・スウ・リン 声:千葉翔也
ラオ・イェン・タイ 声:斉藤壮馬
ブランカ 声:森川智之